無料の会員登録をすると
お気に入りができます

タイミングを間違えると逆効果!?4つのシーン別おすすめストレッチ

美容

ストレッチのメリットと、ストレッチで期待できる10の効果

タイミングごとの効果的なストレッチのやり方をお伝えする前に、まずはストレッチのメリットをおさらいしましょう。前回、ストレッチには「筋肉の緊張を緩和する効果」、「筋肉や関節の可動域を広げる効果」、「柔軟性を高める効果」、「血行促進効果」が期待できると説明しましたが、それ以外にもメリットがあります。

[ストレッチで期待できる10の効果]

(1)痩せやすい体
血行がよくなり代謝と体温がアップすることで、ダイエットしやすい身体の状態をつくるサポートしてくれます。

(2)むくみ予防
血行をよくすることでリンパの流れも正常になることが期待できます。

(3)肩こりの解消・予防が見込める
筋肉の緊張が緩和されると、こりも解消されやすくなります。

(4)冷え性の改善
筋肉をほぐすこと、血液のめぐりがよくなるといわれています。

(5)免疫力の向上
体温と免疫力は関係しているとされ、体温が1℃上昇すると免疫力が5〜6倍になるという説も。ストレッチを習慣化し体温がアップすれば、免疫力の向上も見込めます。

(6)運動パフォーマンスの向上
筋肉や関節の可動域が広がること、転倒やケガのリスクが抑えられます。

(7)高血圧や動脈硬化の予防
高血圧や動脈硬化などの心疾患は、筋肉の柔軟性を高めることが予防につながるといわれています。

(8)疲労回復
血行をよくすることで体内に溜まった疲労物質が排出されやすい状態に。

(9)リラックス効果
筋肉の緊張をほぐすことで心もリラックス。寝付きがよくなれば、睡眠の質も上がります。

(10)ストレス解消
ストレッチを行うときに「ゆったりとしたリズム運動+深い呼吸」を意識すると、幸せホルモン「セロトニン」の分泌を促せるといわれています。

ストレッチには「動きやすい身体」、「強い身体」、「痩せやすい身体」をつくるという女性に嬉しいメリットがいっぱい!もはやストレッチをやらない理由はどこにもないはずです。それでは、朝、入浴後、運動前後、就寝前のタイミングごとのおすすめストレッチをご紹介します。

効果的な方法① 『朝』は軽いストレッチで身体を目覚めさせる

朝にストレッチを行うメリットは、体内スイッチをONの状態にできること。ストレッチで血行が促されると、内臓や自律神経などの機能が正常に働き出します。オススメのストレッチ方法は、伸びをしたり体を揺らしたりする程度の軽いもの。たったこれだけで、清々しい気持ちで1日をスタートできるはずです。
ここで注意すべきポイントは、本当に軽いストレッチで十分だということ。起床直後は体温が低く、筋肉が伸びにくい状態なので、激しいストレッチを行ってもケガのリスクが高まるだけでほとんど効果がありません。ゆっくりと筋肉を伸ばすスタティックストレッチでも、行う前には白湯を飲むなどして体を十分に温めてください。

[朝の効果的なストレッチ方法]
・ 軽く伸びをしたり体を揺らしたりする程度でOK
・ 太陽の光を浴びながら行うと清々しさがUP

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ