無料の会員登録をすると
お気に入りができます

調理はお好みで♪ お酒がすすむ「ぼんじり」レシピ15選

安く手に入る上、ビールにぴったりな鶏テールの「ぼんじり」。焼き鳥屋さんや居酒屋の定番でもありますが、下処理さえ覚えておけばおうちでもかんたんに料理できますよ!そこで今回は、ササっと作れておいしいぼんじりのオススメレシピを15点ご紹介します。

wasante

レシピ

油壺を取ろう!ぼんじりの下処理について

①ぼんじりの表面に残っている羽や毛を、毛抜きなどできれいに取り除きます。

②ペラッとめくれているような部位があり、そこから少しへこみがあるので、そのへこみに沿って切りこみを入れます。すると、黄色く臭みのある油壷が現れます。油壺はとても脂っこく、くさみも強いので、指で下から上に向かってくり抜いてしまいましょう。

油壺は別にネギやショウガと一緒に煮て、臭みを消せば食べることもできます。煮汁はダシとして利用してもOK。

③包丁の先で、骨を取り除けば完成です。

ぼんじりの焼きレシピ10選

1. ぼんじりと根菜の甘辛炒め

片栗粉をまぶしてこんがり焼いたぼんじりを、レンコンと一緒にショウガ、砂糖、しょうゆで甘辛く煮からめます。脂がのっていて、とってもジューシー。思わずビールが止まらなくなる味です♪お好みでニンニクをプラスしてもおいしいですよ。味がしっかりしていて冷めてもおいしいので、お弁当にも◎。

macaroni [マカロニ] | 食と暮らしのライフスタイルメディア https://macaro-ni.jp/redirect?url=http%3A%2F%2Fpecolly.jp%2Fuser%2Fphotos_detail%2F5303069%3FoffsetId%3D5303069%26amp%3Boffset%3D1%26amp%3BrecipeSort%3D1%26amp%3BphotoType%3Dall%26amp%3B&summary_id=51596&content_id=174575&content_type=link

2. 空芯菜とぼんじりの炒め物

ゴマ油で香ばしく炒めたぼんじりと、シャキシャキした空心菜の相性はバツグン!塩、コショウ、しょうゆでシンプルに仕上げるので、ポン酢をかけて食べてもさっぱりしておいしいですよ。ビールはもちろん、ごはんもすすむ味なので、常備菜として作り置きするのもオススメです。

macaroni [マカロニ] | 食と暮らしのライフスタイルメディア https://macaro-ni.jp/redirect?url=http%3A%2F%2Fpecolly.jp%2Fuser%2Fphotos_detail%2F4707732%3FoffsetId%3D4707732%26amp%3Boffset%3D2%26amp%3BrecipeSort%3D1%26amp%3BphotoType%3Dall%26amp%3B&summary_id=51596&content_id=174579&content_type=link

3. カリカリぼんじり炒め

こちらはぼんじりを、出てきた脂をふき取りながらフライパンでじっくりと、カリカリになるまで炒めたもの。焦がさないように根気よく、弱火でひたすら炒めていくのがポイントです。味付けはお好みでOKですが、ダシダと柚子こしょうの組み合わせもよく合いますよ。ついつい手が伸びてしまうおいしさです。

macaroni [マカロニ] | 食と暮らしのライフスタイルメディア https://macaro-ni.jp/redirect?url=http%3A%2F%2Fpecolly.jp%2Fuser%2Fphotos_detail%2F5217140%3FoffsetId%3D5217140%26amp%3Boffset%3D3%26amp%3BrecipeSort%3D1%26amp%3BphotoType%3Dall%26amp%3B&summary_id=51596&content_id=174580&content_type=link

4. ぼんじりの塩焼き

おろしニンニクとショウガ、酒、塩、こしょうをもみ込んで臭みを消したぼんじりを、10分くらいかけて弱火でじっくりと蒸し焼きにします。フタを開けると大量の脂が出ているので、その脂で揚げ焼きにするように裏面もこんがりと焼きましょう。旨味が凝縮されて、後をひく味ですよ♪七味と刻みネギをふって、召しあがれ。

macaroni [マカロニ] | 食と暮らしのライフスタイルメディア https://macaro-ni.jp/redirect?url=http%3A%2F%2Fwww.recipe-blog.jp%2Fprofile%2F252%2Fblog%2F16842602&summary_id=51596&content_id=174591&content_type=link
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ