無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[2/15〜2/21の運勢]2月3週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

2021年上半期の運勢も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

2021年上半期の運勢

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

選ぶことで強くなれる

今週のおひつじ座は、みずからの強さや身体に関する主体性を、改めて主張していこうとするような星回り。

2017年にロサンゼルスのウィメンズ・マーチで行われた、トランプの大統領就任に抗議するために行われた集会。ここで歌手のヘレン・レディが、70年代フェミニズムの象徴となった「アイ・アム・ウーマン」を歌ってみせたことに関して、五十嵐舞は『複数の「わたし」による連帯』という論考のなかで哲学者ジュディス・バトラーに基づきつつ、そこに含まれた二つの意義を指摘しました。

第一に、ミソジニー(女性蔑視)が根強く残っている社会に対する挑戦として。そして第二には、「わたし『は』女」という主張によって規範的な「女」という記号を内部から突き崩し、新たな「女」という概念を立ちあげていく契機として。

あなたもまた、みずからの根源的な依存性を否定するのでも、みずからがこれからも傷つく可能性を否定するのでもない仕方で、本当の意味で自尊心を取り戻していくための戦いに身を投じていけるかが問われていくでしょう。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

苦闘、または自由への道

今週のおうし座は、課題や難題を抱えているがゆえに、自由という境地に立っていくような星回り。

「戦後の空へ青蔦(あおつた)死木の丈に充つ」(原子公平)は、戦後すぐの昭和26年の句。作者は無残な光景が広がるなかで、もはや屍となった木を這いあがる蔦(つた)を見つけ、死木(しぼく)の中絶したいのちそのものを受け継ぐように、青々と伸びてその背丈を覆うまでに茂っているさまに何かを感じたのでしょう。だからこそ、「戦後の空へ」という言葉をあえて意識的に選んだ。

小児麻痺で片足が不自由な身として生まれ、戦中戦後を母子ふたりで生き抜いた作者は、「戦中戦後の苦しい生活を、時には破滅する思いで過ごしてきた」と句集のあとがきに述べていました。戦うだけが「戦争」なのではなく、生活者のひとりひとりがいつの間にか精神的・経済的な苦闘を余儀なくされていくような状態も、目に見えない「戦争」なのではないでしょうか。

それにも関わらず、掲句にはどこか地に足の着いた向日性があります。あなたもまた、課せられた重荷に屈することのない生命力の充実にこそ“自由”を感じていきたいところです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ