無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これでマンネリ知らず!食べ方いろいろ「枝豆」レシピ10選

甘い枝豆は、塩茹でにするだけでも美味しいですよね。そんな枝豆は、炊き込みご飯やカレーにも合う食材なんですよ。今回は枝豆を使い回すレシピをご紹介いたします。

2018年7月
レシピ

枝豆は茹でるだけじゃない!

夏野菜の中でもおつまみとして楽しめる枝豆ですが、茹でるだけ...なんてことになっていませんか? 甘くてホクホクな枝豆は和食や洋食と合わせて幅広く楽しめる食材です。

mako on Instagram: “2016*9*11*SUN⛅ #edamame #greensoybeans #homegarden #food #foodpics #foodblogger #instafood #枝豆 #家庭菜園 #収穫 #採れたてを茹でて頂く幸せ #昼間からビール #実際は飲んでません…”
instagram.com

そこで枝豆の味をもっと楽しむために、こちらのレシピにチャレンジしてみませんか?作ることで枝豆をもっと好きになるはずです。

「枝豆」レシピ選

①まるでペペロンチーノなガーリック焼き枝豆

枝豆に塩を揉み込み、鷹の爪とニンニクを混ぜてオリーブオイルで炒めてみて。ピリ辛さとニンニクの香りがやみつきな1品に仕上がりますよ。短時間で作れるだけでなく、材料も少ないのが嬉しいレシピです。

まるでペペロンチーノなガーリック焼き枝豆

②とうもろこしと枝豆の煮浸し

instagram.com

旬の枝豆ととうもろこしを使ったレシピです。塩を揉み込んだ枝豆、とうもろこし、薄口しょうゆ、かつおぶしの順に入れて煮込むのがポイント。塩っけと薄口しょうゆの優しい味わいが楽しめます。

とうもろこしと枝豆の煮浸し

③揚げない枝豆チーズ春巻き!

定番の春巻きは油で揚げますが、枝豆で作ればトースターで焼くだけ! 春巻きの皮にチーズ2枚、枝豆とコーンをのせてクルクルと巻いて焼いたら完成です。サクッと香ばしいので、男性ウケ抜群です♡

揚げない枝豆チーズ春巻き!

④枝豆コロコロ梅と大葉の和風ポテトサラダ

instagram.com

ポテトサラダのアレンジレシピ。枝豆、大葉、梅干し、めんつゆで作るから、さっぱりとした味わいで爽やかな印象に仕上がります。普段の食卓を華やかにしたいと思ったら、こちらのレシピに挑戦してはいかが?

枝豆コロコロ梅と大葉の和風ポテトサラダ

⑤ひんやり玉子豆腐の枝豆あんかけ

フライパンやレンチンで玉子豆腐が作れてしまう頼もしいレシピ。玉子豆腐にコク深い枝豆あんをかければ、ぷるんっとした見た目が楽しめる涼しげな1品に仕上がります。慣れたらお好みのだしで楽しんでくださいね。

ひんやり玉子豆腐の枝豆あんかけ

⑥枝豆たっぷりサクふわ焼きがんもどき

枝豆が余ったら、がんもどきにしてもいいかも。豆腐、枝豆、にんじんで作ったがんもどきに、口溶けのいい生姜あんを絡めて頂きましょう。肉にも負けないボリュームをみんなが絶賛するはずです。

枝豆たっぷりサクふわ焼きがんもどき

⑦シャキシャキ長芋と枝豆の甘辛そぼろ煮

甘辛そぼろ煮を夏らしく仕上げるなら、枝豆と長芋を使ったレシピがおすすめです。長芋と枝豆の食感が楽しめるだけでなく、鶏肉のジューシーさで食べ応え抜群!メイン料理に悩んだら、これで決まりです。

シャキシャキ長芋と枝豆の甘辛そぼろ煮

⑧ビールが香る炊き込みご飯

意外かもしれませんが、ビールと枝豆で炊き込みご飯が作れるんですよ。黒ビール、枝豆、鳥もも肉、しめじ、お米や調味料を炊飯器に入れて炊けたら完成です。これ1品でもビールがぐいぐい進みますよ♡

ビールが香る炊き込みご飯

⑨鮭と枝豆の炊き込みごはん

紅鮭の旬は6月~8月。そんな紅鮭と枝豆の炊き込みご飯は、炊飯器に具材と調味料を入れるだけ。作る工程が少ないから、忙しい時に大活躍しますよ。ほんのり生姜が香る本格的な炊き込みご飯です。

鮭と枝豆の炊き込みごはん

⑩レンジで簡単なすと枝豆のキーマカレー

カレーが好きな方は、15分で作れるキーマカレーがおすすめです。茄子は大きめに切り、枝豆は最後に入れてください。とろっとろっの茄子や彩り抜群の枝豆が楽しめますよ。最後は卵黄とパセリをかけて召し上がれ♡

レンジで簡単なすと枝豆のキーマカレー

美味しすぎる枝豆を使い回そう!

Tesshi on Instagram: “枝豆と鮭のおにぎり Onigiri with salmon and edamame  #yummy #homemade #healthy #onigiri #rice #seaweed #salmon #edamame #blacksesame #gomashio #おいしい…”
instagram.com

枝豆を茹でるだけでは、本当の枝豆の味はわからないかも。今年こそ、枝豆を幅広い料理で楽しんでみてはいかがですか?

記事に関するお問い合わせ