無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目的別・摂取すべき「乳酸菌」はこれ!ヨーグルト研究家のおすすめ

ライフスタイル

「乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作り出す菌の総称で、空気中、皮膚、食品中など、さまざまな場所に生息しています。腸内環境を整えることで知られていますが、それは乳酸が作られると腸内が酸性に保たれ、悪玉菌や病原菌が増殖しづらい環境になるから。その他にも乳酸が腸を刺激し、蠕動(ぜんどう)運動を活発にすることで排便を促す、乳酸菌が作り出す菌体外多糖という成分がもともと腸内に住んでいる腸内細菌の餌になり体の免疫機能が活性化するなど、人体の健康に不可欠なものと言えるのです」(ヨーグルト研究家・阿部花映さん 以下同)

「マツコの知らない世界」でも話題になったヨーグルト研究家の阿部花映さん。毎日ヨーグルトを食べ、乳酸菌を摂取。その量はなんと週3㎏だとか。

発酵食品には多く含まれている乳酸菌。「キムチや漬物などにも乳酸菌は生息していますが、ヨーグルトには乳酸菌に加えてビフィズス菌が摂取できるものもあります。乳酸菌は小腸、ビフィズス菌は大腸に生息するという違いがあり、小腸の健康を考える場合は乳酸菌、大腸の健康を考える場合はビフィズス菌という考え方もあるので、目的に合わせて菌活できるのもヨーグルトの良さ。また、乳酸菌は継続して食べることが大切なので、手軽で飽きずに続けやすいという点もいいですよね。世の中に存在する乳酸菌の種類は数千種類あると言われています。どの菌も整腸作用、免疫を活性化する機能を持っていますが、菌によって得意とする機能が異なるので目的に合わせた乳酸菌を選ぶことも重要なんです」

何を改善したいのか
目的別に乳酸菌をチョイス!

★★★「ロイテリ菌」★★★
口内環境を整えて「虫歯菌」を抑制

ロイテリヨーグルト(オハヨー乳業)

・Amazonでチェック!・楽天でチェック!

Amazon
楽天

近年、口の健康が体全体の健康と密接に関わっていることが注目されています。「口の中で炎症が起きると、歯周病菌が体内に入り込んで全身を巡り、アルツハイマーや早産などの要因となる可能性もあると言われています。そこで、口から全身の健康を保とうと作られたのが、この『ロイテリヨーグルト』。ロイテリ菌は、ロイテリンという抗菌物質を作り出すのが特長で、虫歯菌、歯周病菌の発育抑制などを目的に利用されています。甘味料にキシリトールを使用し、穏やかな甘味で牛乳のコクが味わえるのも特徴です」

★★★「SC-2乳酸菌」★★★
紫外線による「色素沈着」を防いでくれる

明治スキンケアヨーグルト素肌のミカタ(明治)

・Amazonでチェック!・楽天でチェック!

Amazon
楽天

肌の健康を保ち、紫外線対策に効果のあるドリンクタイプのヨーグルト。「味は、さらっとして乳酸菌飲料に近いです。ブルガリクス菌とサーモフィラス菌の中から選び抜かれたSC-2乳酸菌を使用。このSC-2乳酸菌によって作り出される菌体外多糖が体内に取り込まれることで、皮膚が紫外線を浴びたときの赤みや色素沈着を抑制してくれます。即効性はありませんが、内側からの紫外線対策としてぜひ取り入れたいですね。さらに、この製品にはコラーゲンペプチドとスフィンゴミエリンという成分が入っていて、肌の潤いをキープしてくれるので、男女問わず乾燥する季節は意識的にとるといいですね」

★★★「プラズマ乳酸菌」★★★
司令塔に働きかけ「免疫の維持」を支援

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ