無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ロフトの使い方どうしてる?空間をフルに有効活用するアイデアをご提案

インテリア

ロフトの使い方どうしてる?

賃貸アパートや最近の一軒家でも見るようになってきたロフト。リビングから続く開放感がおしゃれですが、いざレイアウトしようと思っても意外に難しいものです。

快適な空間づくりをしている人はどんな使い方をしているのでしょうか。上手に活用してもう一つの快適な部屋が作れたら嬉しいですよね。

今回は寝室や趣味の部屋、収納部屋として活用する方法を紹介していきます。良いアイデアがあったらぜひ取り入れてみてください。

目次

寝室としてのロフトの使い方

布団を敷いてロフトを寝室にする使い方

まずはロフトの使い方として最も人気のある寝室としての活用アイデアを紹介します。

一人暮らし用のアパートのロフトはスペースが狭いものが多く、布団を敷いているだけの人も多いのではないでしょうか。

こちらはシングルサイズの布団でスペースが上手に使われてます。畳むとスペースが広がるのも布団を活用するメリットです。

枕元に置かれたスリムなテーブルも空間を上手に使っています。

屋根裏部屋のようなロフトの使い方

まるで屋根裏部屋のようなおしゃれな使い方を紹介します。スペースがある場合は独立した部屋として活用するアイデアがおすすめです。

ロフトが活用できていると、もう一つお部屋があるというメリットも生まれます。

しかし建物の上部にあるロフトは、暑い空気が溜まりやすいというデメリットも。換気や温度も上手に調整して快適な空間を作ってみてください。

アンティークな雰囲気のロフトの使い方

こちらもとてもおしゃれにロフトを活用します。アンティーク調で統一されたインテリアがヨーロッパの屋根裏部屋を連想させます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ