無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏のまとめ髪♡レングス別徹底解説!「色っぽ後れ毛」の作り方

ヘアスタイル

だから“後れ毛”は色っぽい♡

ひとつ結びやお団子など、暑い季節は特にアップスタイルにする機会が増えますよね。パパッとラフにまとめるアレンジも素敵ですが、そこに「後れ毛」をプラスするだけでグッと色っぽさが増しますよ。

アクセサリーならぶら下がりタイプのピアスやネックレス、お洋服ならプリーツやフリンジのデザインにシフォン素材。軽やかに揺れる動きに色っぽさを感じますよね?今回ご紹介する「後れ毛」も例外ではありません。

動く度にフワッユラッとなびく「後れ毛」は、ただでさえ色気を感じるうなじやデコルテを、さらに色っぽく見せてくれますよ。また、お顔周りの“揺れる髪”は小顔効果も抜群!「後れ毛」は、私たちに欠かせないアレンジワザなんです♡

位置が最大のポイント!

なんとなく髪を引き出すだけでは、バランスが悪く「疲れた人」な印象に。せっかく「後れ毛」を作るのですから、色っぽく見せる位置をマスターしておきましょう。

オールアップの場合は?

“お団子”や“ひとつ結び”など、後ろの髪も束ねるスタイルの場合、耳より前側で3ヵ所、後ろ側で2ヵ所の合計5ヵ所が基本です。多すぎる、と感じる場合は、スタイルによって加減をしましょう。

1.髪の毛が一番薄い部分
2.こめかみ
3.もみあげ
4.耳の後ろ
5.襟足
耳より前(1~3)は輪郭がカムフラージュされ小顔効果が、後ろ(4、5)は色っぽい印象にしてくれます。

ハーフアップの場合は?

後ろの髪をのこして束ねるハーフアップの場合は、耳より前の3カ所だけを引き出します。1の「髪の毛が一番薄い部分」は黒目の延長線上の位置で引き出すと◎。特に、丸顔さんなら縦長効果が期待できますよ。

2の「こめかみ」は、頬骨にかかるように引き抜くと小顔に見えるという嬉しい効果が。3の「もみあげ」は、引き抜きすぎに注意して薄く取ります。エラが気になる人は、ほんの少し多めに引き出すと横顔美人に♡

記事に関するお問い合わせ