無料の会員登録をすると
お気に入りができます

首&肩コリ持ちさん必見!美姿勢にも繋がる「簡単ストレッチ」11選

ビューティ

①腕を広く開き手のひらを壁に付け、腕を伸ばし鼠径部から折れ曲がるように上体を倒す。
②肩をすくめるようにして、胸の後ろを反らす。肩は下げないように意識し、何度かバウンドさせる。
③まずは20秒キープ。このときできたら顔は前を向き、腰は反らないように。

5.胸の後ろをしならせてコリ解消

巻き肩、猫背解消にも胸の後ろ部分が深く関係しています。グーっとこの部分をしならせることで、肩回りのコリも改善していきます。無意識に丸まってしまいがちな背中を、気付いたときに元に戻してあげましょう。

①四つん這いになり、手をゆっくり前に歩かせてアゴを床に近づける。このときアゴが床につかなければ、おでこでもOK。
②この体勢で胸の後ろをしっかりと反らす。反らしたまま20秒キープ。
③今度は片方の腕を伸ばしたまま手のひらを上にし、もう片方の手は曲げ、伸ばした手と反対の方に顔を向ける。
④伸ばした側の胸と脇の下がストレッチされているのを感じる。
⑤反対側も同様に行う。

6.リフレッシュに◎!1分ストレッチ

ストレッチの流れが1分で完結し、首肩回りがほぐれます。しっかりと呼吸をし息を吐くときに動きを深めてあげると、より気持ち良くリラックスできます。身体を動かしながら、背骨1つ1つの隙間を意識するとより効果的。

①あぐらをかいて座り、頭を手で優しく持ち首を横に傾ける。腕をおろしている方の肩を上げ下げする。首を斜め前に傾け同様に行う。
②反対側も同様に行う。
③手を後ろで組み胸を開きながら上を見る。そのままゆっくりと腕を持ち上げながら、上体も一緒に倒していく。
④フワッと手をほどき、背骨を積み上げていくように上体を起こす。
⑤片腕を上に伸ばし、横に傾けながらわき腹を伸ばす。遠いところを通りながら、斜め前まで持っていき背中の伸びを感じてから腕を下す。
⑥反対側も同様に行う。

7.寝る前にやると身体がポカポカに

動きはかなり地味ですが、呼吸を意識しながらゆっくり行うと身体がすぐにポカポカしてきます。背中と胸を伸び縮みさせることで、連動する内蔵を労わる効果が期待できます。1日頑張った身体をほぐすため、寝る前にぜひ試してみてください。

①四つん這いになり、肩の下に手のひらがくるようにする。
②おへそを見ながら、みぞおちを持ち上げるように背中を丸める。このときお尻も締めると効果的。
③息を吐きながら肩甲骨を寄せ、胸を前に向ける。
④これをゆっくり10回。できたら2セット行う。

8.一緒に頭頂をマットにグリグリすると気持ち良し

頭のコリも一緒にケア出来てしまう、一石二鳥なストレッチです。(ヨガマットなどを使用してお試しください。)首肩回りと肩甲骨周辺がグーッと動くので、ガチガチに固まっているときはゆっくり取り組んでみてくださいね。

①四つん這いの姿勢になり、片手を下からくぐらせ肩をつける。
②反対の手を天井に伸ばし、目線は上の指先に。その手をさらに後ろに倒す。このとき側頭部を床につけておく。
③深く呼吸をし、吐くときに手をさらに後ろに倒す。
④反対側も同様に行う。

9.しっかりと胸が開きバストアップにも♡

背中が丸まり姿勢が悪くなると首肩回りが凝るだけでなく、なんとバストも下がってしまうんです。そんなの嫌!と思った方は、椅子を使った簡単ストレッチにチャレンジしてみて。伸ばした後は息も深く吸えるようになりますよ。

記事に関するお問い合わせ