無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[脱・お疲れグマ]目の下、コンシーラーの厚塗りになってない?

メイク

30代以上の女性が悩むハリなし顔やお疲れクマ。ある程度はメイクでカバーできますが、やり方を間違えると逆に老け見えしてしまうおそれが……。

そこで、メイクのプロに正しいツヤ足しの方法とクマ隠しのテクニックを教えてもらいました。

今回は、クマのタイプ別にオススメアイテムやクマを隠すメイクテクニックを伝授します。

「クマ」には3つのタイプがあり、原因や対策などがそれぞれ異なります。

まずは、クマのタイプやタイプ別にオススメのアイテムを覚えておきましょう。

【主な原因】
・アイメイクを落としきれていない
・目をこするなど刺激による色素沈着
・保湿が足りていない

【対策】

朝リムーバーでをしっかり落としましょう。刺激を与えないのがポイントです。

▼おすすめアイテムはイエローコンシーラー

茶グマには「茶色が明るくなった色」としてイエローコンシーラーをのせると、トーンアップしつつ自然にクマを隠すことができます。

【主な原因】
・睡眠不足や冷えによる血行不良
・スマホやパソコンによる目の疲れ
・生まれつき皮膚が薄い

【対策】

良質な睡眠をとり目を休ませてください。温めて血行促進もオススメです。

▼おすすめアイテムはオレンジコンシーラー

血管が透けて見える青グマには、補色のオレンジコンシーラーがベスト。青みが強い場合は練りタイプのリップやチークを仕込んみましょう。

【主な原因】
・眼輪筋の筋力低下によるたるみ
・加齢によって眼窩脂肪が飛び出し、下に影ができる

【対策】

目をぎゅっとつむる動作で眼輪筋を鍛え、皮膚のたるみを防ぎます。

▼おすすめアイテムはベージュコンシーラー

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ