無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[東京]わざわざ訪れたい!美術館併設のおしゃれカフェ5選

旅行・おでかけ

都内には個性豊かなカフェがたくさんあるけれど、穴場スポットとしてオススメしたいのが、美術館に併設されたカフェ。美術館の雰囲気を大切にしたおしゃれな空間で、のんびりと大人な時間を過ごすことができるんです。今回はわざわざ訪れたくなる都内のミュージアムカフェを5つご紹介します!

東京駅や京橋駅などから徒歩約5分、23階建て高層ビル「ミュージアムタワー京橋」の低層部にある「アーティゾン美術館」。

前身は1952年に開館したブリヂストン美術館。2015年からの休館を経て、2020年に新しい美術館として開館しました。

3つの展示フロアと最新の設備を持つこちらでは、古代美術、印象派、20世紀美術、現代美術など、幅広い美術の多彩な楽しみ方を提案しています。

1階にある「ミュージアムカフェ」では、季節の食材を生かした料理やスイーツ、展覧会の作品をモチーフにしたオリジナルメニューなどがいただけます。

大きな窓が気持ち良い開放的かつモダンな空間は居心地◎。飾り棚にはイタリアデザイン界の巨匠、エットレ・ソットサスによるヴェネチアンガラス器を中心にした貴重な作品が展示されています。

カフェは事前予約もできるので、公式サイトから予約をしておくと安心です。

空間だけでなく、料理にもこだわりが満載。とくにランチコース(2,000円~)は、お手頃価格で優雅なランチを楽しめると評判です。

ランチコースの中でも人気なのが、写真の「ウニの平打ちパスタ」。卵を使用したコシのある食感の平打ちパスタに、ウニとマッシュルームを組み合わせた一皿です。

食べる瞬間にウニとマッシュルームの香りが立ち、五感で美味しさを感じられるのだそう!北海道産の生ウニ、ねりウニ、高級発酵バター「カルピスバター」を合わせたソースの、絶妙な味わいを堪能してみてくださいね。

スイーツなら、ヴァシリー・カンディンスキーの『3本の菩提樹』から着想したというコラボデザート「フルーツとソルベ」(900円)をぜひ!作品の配色をデザートで表現したというアートな一品です。

ブルーキュラソーのゼリー、マンゴープリン、抹茶クランブル、フローズンベリーとフレッシュフルーツなど、異なる食感を同時にいただくのがオススメ。不均一な味わいと口溶けがおもしろく、食感まで美味しく楽しめるそうです♪

ミュージアムカフェ

所在地:東京都中央区京橋1-7-2 アーティゾン美術館1F
電話番号:050-5541-8600(ハローダイヤル)
最寄駅:東京/京橋/日本橋
※カフェのみの利用可能
※最新の営業日、営業時間は公式サイトにてご確認ください

【虎ノ門】大正時代から続く庭園を望める、オープンしたばかりのサロン/菊池寛実記念 智美術館「茶楓」

東京メトロ・神谷町駅から徒歩約6分の「菊池寛実記念 智美術館」は、現代陶芸のコレクターでもある菊池智のコレクションを母体にした美術館。

現代陶芸に足跡を残した物故作家や活躍中の陶芸作家の個展を中心に、年3~4回展覧会を開催しています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ