無料の会員登録をすると
お気に入りができます

胃腸の弱りがニキビの原因にも?!ニキビケアできる漢方を知りたい!

美容

胃腸の調子を整え、根本からニキビをできにくくするために自分の体質に合った漢方薬を服用することは効果的です。

血の巡りを改善することもニキビケアに大切

美しい肌を作るもとになるのは、肌の表面にはりめぐらされた毛細血管を流れる血液が、細胞に栄養分や酸素を十分に渡すことが必要になります。そのためには、血の巡りが滞ることなく巡っていることが大切です。

pixta.jp

その他にも、漢方の考えでは生命エネルギーである「気」の巡りも新陳代謝が行われるために重要です。ストレスによっても気の巡りは悪くなるので、ストレスをためないようにすることもニキビケアに繋がります。

血の巡りを良くするには?

1.ねぎやしょうがなどの香味野菜を摂る

pixta.jp

ねぎやしょうが、にらなどは体を温め、血の巡りを良くする代表的な食材です。しょうがに含まれるジンゲロン、ショウガオールには血液循環と新陳代謝を高め、全身の巡りを良くする働きがあります。

2.体を冷やさない

pixta.jp

冷房などで体を冷やさないように気を付けましょう。特に足首や首などが冷えると全身が冷えやすくなるので注意しましょう。また、夏場でもシャワーだけでなく湯船に浸かることで全身の血行を良くすることができます。

3.漢方薬を飲む

pixta.jp

血の巡りを良くして、ニキビ治療にも用いられる漢方薬として桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)があります。

体の内側からケアしてニキビを予防しよう

ニキビケアのポイントは、胃腸の調子を整えることと、血や気の巡りを良くすることです。塗り薬や抗生物質でなかなか良くならない人は、漢方薬で体質改善をすることでニキビの改善に役立つ可能性があります。

pixta.jp

漢方薬を選ぶ時には、自分に体質や症状に合ったものを選ぶ必要があるので、まずは漢方薬局やオンライン薬局などで相談してみてくださいね。

かかりつけオンライン薬局「YOJO」のHPはこちら
記事に関するお問い合わせ