無料の会員登録をすると
お気に入りができます

シャキッと起きられない朝に|ベッドの中で仰向けのままできる「目覚めのヨガポーズ」4選

美容

なんとか目は覚めたけれど、体も心もなかなかスイッチが入らない。ベッドの中でゴロゴロ・ダラダラしてしまう。そんな日があってももちろんOKなのですが、「シャキッとしなくては!」という日であれば話は別です。そこで今回は、寝起きのベッドの中でそのままおこなえる「目覚めのヨガポーズ」を4つ紹介していきたいと思います。

朝、目が覚めたあと。

すぐに起き上がったり、活動を開始したりするのが難しい日もありますよね。それでも、時間は刻一刻と流れていくため、「早く起きなくては!」と気持ちばかりが焦ってしまう……。それなのに、そのあともダラダラとしてしまったり。

そんなシャキッと起きられない朝は、ベッドの中で5分間。仰向けのままおこなえる次のヨガポーズを取ってみませんか?

目覚めをサポートしてくれるヨガポーズ

ここからは、ベッドの中でそのままおこなうことができるヨガのポーズを4つ紹介していきます。

1:ガス抜きのポーズ

寝ているあいだの凝り固まった体。

特に、背中や腰をゆるゆると優しくほぐしてくれるのが「ガス抜きのポーズ」です。

そして、腹部に適度な刺激を与えることで、内臓機能を高める効果にも期待できるポーズでもあります。腸内に溜まったガスを移動させて腹部の張りを和らげたり、腸のぜん動運動を刺激したりして、朝のお腹をスッキリとさせてくれるでしょう。

<プロセス>

仰向けになり両足を揃えたら、ひざを胸の前に引き寄せて手で抱える~呼吸を5回繰り返す

【ガス抜きのポーズ】仰向けになり両足を揃えたら、ひざを胸の前に引き寄せて手で抱える~呼吸を5回繰り返す

→呼吸の妨げにならない程度に、ひざを引き寄せる

→あごを軽く引いて首のうしろを伸ばし、腰が床から浮きすぎないようにする

2:ハッピーベイビーのポーズ

お尻や股関節まわりの緊張を解いて、血流をよくする「ハッピーベイビーのポーズ」。

起床後の腰の痛みやつまりの緩和にも、期待することができます。

<プロセス>

「ガス抜きのポーズ」から手でそれぞれのひざ裏を持って足を広げ、両手で左右の足の裏をつかむ~呼吸を5回繰り返す

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ