無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[注意]連休がカレンダーと違う?「海の日」「スポーツの日」「山の日」2021年は3祝日が変更

旅行・おでかけ

こんにちは、ヨムーノライターのなないろのしずくです。

2021年は「令和三年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法」により、「海の日」「スポーツの日」「山の日」の3つの祝日が移動します。

それにより休暇の計画を立てる際は、例年とは祝日が異なりますので注意が必要です。
そこで、2021年の祝日移動について、移動日や注意点など疑問に思うことを詳しく解説します!

2021年の祝日移動!海の日は7月22日、スポーツの日は7月23日、山の日は8月8日

いつが祝日になるの?

2021年は、特例により以下の3つの祝日が移動します。

・「海の日」
【例年】7月の第3月曜日→【移動後】7月22日(木)オリンピック開会式の前日
・「スポーツの日」
【例年】10月の第2月曜日→【移動後】7月23日(金)オリンピック開会式当日
・「山の日」
【例年】8月11日→【移動後】8月8日(日)オリンピック閉会式当日

移動前の海の日、スポーツの日、山の日は、祝日ではなくなります。
カレンダーや手帳の発売日によっては、祝日移動が反映されていないこともあるため、お間違えのないようにしてくださいね。

祝日移動の理由とは?

「海の日」「スポーツの日」「山の日」の3つの祝日が移動するのには大きな理由があります。
それは、2021年のオリンピック・パラリンピック開催を円滑に進めるため。

〝アスリートや観客などの円滑な輸送と、経済活動、市民生活の共存を図ること〟が祝日移動の理由とされています。
開催期間中は競技場や開催地に多くの人が集まるため、開会式と閉会式を祝日にすることで混乱や混雑の緩和を見込んでいます。

海の日、スポーツの日、山の日ってどんな日?

「海の日」

海の日は〝海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日〟です。
人の往来や物の輸送など、さまざまな分野で海と深く関わってきた日本ならではの祝日。

海の日は当初7月20日でしたが、2003年に祝日法が改正され、ハッピーマンデー制度によって7月の第3月曜日になりました。

「スポーツの日」

スポーツの日は、〝スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う日〟です。
もともとは「体育の日」という名称でしたが、2020年にスポーツの日として改められました。

1964年に開催された東京オリンピックの開会式である10月10日に制定されましたが、ハッピーマンデー制度により10月の第2月曜日になりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ