無料の会員登録をすると
お気に入りができます

なぜ、かくれ繊細さんは人に頼めないのか?負のループを断ち切るために今すぐできること

ライフスタイル

仕事をしていて、人に頼むのが良いと言われても、おいそれと頼むことができない方がいます。頼める人からしたら、「なんで頼めないの?頼んでしまったほうが圧倒的に楽だし、早いじゃない。」と思うのに。「人に頼めない」「頼れない」それでキャパオーバーになってパンクしてしまう。この負のループを断ち切るためには、理由と突破する方法を知る必要があります。そして、この悩みは、かくれ繊細さんの持ち前の特性と切っても切れない構造を持っています。今回はかくれ繊細さんならではの「頼めない理由」を大きく3つ、お伝えしていこうと思います。

E:共感性

S:細かいことに気づく

2:かくれ繊細さんがこの世で最も見たくないものは「人の顔色が曇る瞬間」、だから頼めない

さらに、人に頼めない理由の二つ目は、HSPがこの世で最も見たくないもののせいではないかと考えられます。HSPがこの世で最も見たくないもの、それは「他人の顔色が曇る瞬間」です。人に頼む行為こそ、最も他人の顔色を曇らせる可能性が高い行いだから避けたいと思うのかもしれません。

人にものごとを頼む時は、相手の時間を奪ったり、相手の既にある予定を調整してもらう必要があったりします。またさらに、頼みづらいことを頼む際には、相手の機嫌の良し悪しを伺う必要があり、より相手の顔色を見なければならなくなり、刺激的であることは間違いありません。

繊細な人は、普通よりも他人の表情にこだわるという研究データがあります。他人がどんな表情をしているかを無意識に読み取っており、そして周囲の人たちの表情がにこやかであることを希求していることがわかっています。

だから、人の顔色を曇らせる事に強い抵抗を持つことが、人に頼みたくない理由としてあげられるわけですが、ここにさらに、もうひとつやっかいな特性が潜んでいます。

▶「人に頼む」と公平性、利害関係、損得勘定が絡んでくる。かくれ繊細さんはここにこだわる傾向がある。

人に頼む、という行為は、他者との単純な関わりにとどまらず、人同士の利害関係に踏み込むことも多い行為です。

人との利害関係に関して、かくれ繊細さんはかなり明確なラインを持っています。踏み込まれるのも、踏み込むのも良しとしないのです。

一見大らかで、何事にも気にならないようにふるまうかくれ繊細さんのイメージと、この利害関係へのこだわりは意外な組み合わせのように感じるかもしれませんが、時間、お金、労力、褒賞、すべてに公平であることを望みます。それらが自分の労力と見合わない場合、とてもカチンときます。公平で平等であるべきだし、自分の労力に見合った報酬、賞賛があるべき。つまり褒められたいし、労われたいし、認められたいし、対価を支払われるべきだと願っているのです。それが叶わないとき「もういい!」と腹を立ててしまうようなところがあるのです。

さらに、かくれ繊細さんを複雑にしているのは、腹の中で不公平感に腹を立て続けているにも関わらず、そのことを一切見せない点です。「公平性大事、平等であるべき。でも、世の中はそんな不条理に満ちたものよね」といった表面的な寛大さを持ってふるまいつづけていくようなところがあるので、周囲にはその内心の「ささくれ立ち」を気づかれることなく自分の中でジクジクさせてしまいます。この内面のジクジクした不快感を表す言葉は、表に出したら最後。嫌われるばかりか、やっかいな人扱いされるので、不平等にかなりカチンときていることを表に出さないように見せ続けています。

中には、顔に出てしまう、態度に出てしまう、という方もいらっしゃいますが、大多数のかくれ繊細さんはここを隠蔽しつつカチンときています。

「強い承認欲求」を隠し持っているのですが、このあたりのモヤモヤはご自身でも気づきづらい感情の一つです。

つまり、「人に頼むこと」は、表面上、他人の不機嫌な表情を見たくない、という理由ですが、さらに踏み込むと、他人との利害関係を公平に保つことが難しくなり、隠し持った承認欲求がちらつくが取り扱いがうまくできないもどかしさを伴う「とてつもなく不快な行為」なのだと言えそうです。

これが、「頼めない」「頼れない」ふたつめの理由ではないかと思います。

とはいえ、後天的学習によって人に頼めるようになったかくれ繊細さんたちもいらっしゃいます。頼めるようになった方と対照的に、人に頼めなくなってしまったかくれ繊細さんたちはなぜ、頼めないままなのでしょうか?

3:これまで頼んでろくな目に合わなかったから頼めない

これまで人に頼んで、ろくな目にあわなかった方は、「頼むわずらわしさ」が「頼むメリット」を上回り続けているからではないかと思われます。

後天的学習で人に頼めるようになった人たちは、頼んで良い結果を得られた。そこで味をしめたのです。が、頼めないままの人の場合は、頼んでも良い結果を得る事ができなかったのかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ