無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「一緒にいたら癒やされる…」を引き出す!マジックワード5選

恋愛・結婚

言葉の力は想像以上に強く、よっぽど自分の気持ちとかけ離れている言葉でない限り、そう思い込んでしまうことも多いですよね。

長続きするカップルに必要なのは、「安心感」でしょう。

そこで今回は、一緒にいるとホッとできる相手だと彼に意識してもらえるための、マジックワードを5つご紹介します。

「一緒だね」

自分と同じ趣味の人や、同じものを持っている人とは仲良くなれそうな気がしますよね。

多くの場合、人は自分と感覚の近い人に、安心感を覚えるもの。

ただし、このセリフは使うタイミングが限られます。

たとえば、彼が「オムライス」を頼んだあとに「私も」と頼んでも、それは作られた状況に過ぎません。

彼と自分の服が同じ色だった、タイミングをずらしてオーダーしたドリンクが同じ種類だったなど、わざとらしくない範囲で、たまたま揃った瞬間に使うのが効果的。

ただの偶然だったとしても、彼のなかでは「似たもの同士」と意識されるのです。

「まったりするよね」

このセリフはコーヒーを飲んだときや、ほっと一息ついたときなど、本当に「まったり」している瞬間に使うのが効果的。

その瞬間にまったりしていることは事実なので、あなたとリラックスできる時間を共有した、ということを彼が意識します。

そして、機会があるたびにこのセリフを口にすると「この子といると、リラックスできる時間が多いな」という実感に。

たった一言の繰り返しが、彼の「落ち着く」という気持ちに繋がるのです。

「いいと思うよ!」

自分の意見を真っ向から否定してくる人とは仲良くなれませんよね。

「でもそれって……」「そうかなぁ」と言われるより「いいと思うよ!」「そうだね!」と言われるほうが、心地いいですよね。

もちろん、同意できないときに嘘をつく必要はないので「なるほどね~」「そうかもしれないね」と濁しておけばOK。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ