無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[こんな食べ方もある!]鶏肉を使った1週間献立

レシピ

鶏肉にはもも肉、むね肉、ささみ肉、ひき肉など、使える種類が豊富です。今回は鶏肉を使った1週間献立をご紹介します。ぜひ新しい食べ方にも楽しく挑戦してみてくださいね!

鶏肉の特徴はこれ!

鶏肉の栄養

鶏肉はたんぱく質が多く含まれ、食べ物から摂る必要のある必須アミノ酸がバランス良く含まれています。ビタミン類も多く、皮膚や粘膜を強くして肌を整えたり、咳や鼻水など風邪の予防に役立ったりするビタミンAが豊富です。またエネルギーの代謝を助けるビタミンB群も多く含まれています。
脂肪の多くは皮に含まれているため、もも肉やむね肉などは皮を除いて調理すると、カロリーを約半分に抑えることができます。

他の肉より消化が良い!

鶏肉は、牛肉、豚肉など他の肉に比べて消化吸収率が良いのが特徴です。疲労回復したいとき、風邪をひいたときなどは、たんぱく質をしっかり摂ることが大事です。このようなときは胃腸も弱っていることが多いので、消化が良く、胃腸に負担の少ない鶏肉で栄養補給するのもおすすめです。

鶏肉を使ったおすすめ!1週間献立

【月曜日】「優しい和食!美味しさとろける冬瓜のあんかけ」の献立

鶏ひき肉のあんが、とっても優しい味です。冬瓜の食感とも相性ばっちりです。副菜で使うささみ肉は、余熱を利用してしっとりさせることがポイントです。

主食:ごはん
主菜:冬瓜のあんかけ
副菜:小松菜としっとりささみの辛子マヨ和え
汁物:とうふのみそ汁
デザート:梨

「優しい和食!美味しさとろける冬瓜のあんかけ」の献立はこちら

【火曜日】「レンジで時短!鶏手羽先とさつま芋のレンチンお酢煮」の献立

調理に時間がかかるイメージの鶏手羽先を、レンジで簡単に調理することができます。骨付きだと食べるスピードが自然とゆっくりになります。早食いの防止になるので、ダイエット中の主菜としてもぴったりです。

主食:玄米ご飯
主菜:鶏手羽先とさつま芋のレンチンお酢煮
副菜:水菜のシャキシャキ漬け
汁物:簡単!きのこ汁

「レンジで時短!鶏手羽先とさつま芋のレンチンお酢煮」の献立はこちら
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ