無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[9/13〜9/19の運勢]9月3週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

カルチャー

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

星乃せいこさんによる「毎月の運勢グラフ」も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

1ヶ月ごとの運勢グラフ

今週のおひつじ座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

鬼かUFOか

今週のおひつじ座は、既知のものが未知のそれに変わっていくような星回り。

思春期には遍歴が必要ですが、今のような高度な産業構造が確立したグローバリズムの時代にはそれがほとんど不可能となりました。その代わり、映画『未知との遭遇』のように中年に入った四十代あたりでUFOを見たりする訳です。

あれは「未知との遭遇」と言いながら、実際にはフライング・ソーサー(空飛ぶ皿、円盤)ということで「既知との遭遇」なんです。思春期のころに、自分の身体性の延長として世界に接触しようとした時に、「いい学校にいくこと」だけが人生ではないと感じつつも、自分に見合う価値観が見つからなくて、ズレが生じてしまう。

その意味で、UFOというのは一種のデジャ・ヴュ(既視感)であって、思春期で意識がズレたときに戻ろうという衝動の現われなのかも知れません。そこで、これまで当たり前に身辺にあった既知のものの中に、未知が帰ってきて、そこに飛び込んで改めて一人きりになったり、生まれ直しをしていくのではないでしょうか。あなたもまた、自分のなかの潜伏していた衝動の容れ物(UFO)を見出していくことができるかも知れません。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

水と大地と信仰を整える

今週のおうし座は、大切にするべき思想や哲学を、実感や体感に落としこんでいくような星回り。

それはまるで、「水澄みて長き藻のその汚れやう」(岩田由美)という句のよう。秋が深まって水が澄んできた。澄みわたった水中に、長い藻がなびいているのが見える。それがなんと汚れていることか、というのが大意でしょうか。

「水澄む」は、秋という涼やかな好季節の到来やその静かな深まりを感じさせるような、通常はいい気分を含んで使われる季語なのですが、ここではそうした意味でのいい気分というのはありません。

むしろ、澄んだ水の奥で水流になびく藻を「凝視する」という、どこか緊張感をはらんだ身体性が強調されており、そこから、特定の藻に付着した澱のような存在にまで気付いてしまう訳ですが、ここには見ること、生き続けることの果てにある、荒涼たる真実味が込められているように思います。あなたも、これまで曖昧にしてきた領域について、「水澄む」がごとく知見を得ていくことができるかも。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ