無料の会員登録をすると
お気に入りができます

これ、意外かも!?[無印良品]いざという時の備えは万全?「防災リュック」の中身を大公開

ライフスタイル

マンション暮らしで、洪水や津波、土砂崩れなどが起こる可能性も低いわが家は、災害時は自宅避難する可能性が高いため、実はつい最近までは防災リュックを作っていませんでした。
でも、近年想定外の災害が多数起こっていることを考えると、わが家が避難する可能性もゼロとは言い切れず、できる備えはしておきたいと防災の日を機に用意しました。

中に入っているものは例え持ち出さなかったとしても、自宅避難時にも使えるものばかりなので、備えておくことは無駄にならないと感じています。

中身を一部紹介

リュックの中身は無印良品や100均一、ネットを活用して揃えました。

無印良品で購入したものを一部ご紹介します。

手回し充電ラジオ

災害時情報を得るためにラジオがあると安心。夫のリュックにはコンパクトな携帯ラジオを入れましたが、私のリュックには自宅避難用に持っていた無印良品の手回し充電ラジオを入れました。

充電機能も付いているので災害時安心なのですが、充電する際は手回しで内蔵バッテリーに蓄電する必要があるので、若干面倒。
可能ならモバイルバッテリーを単品で入れておいて、それが使えなくなった時の保険として活用するのがおすすめです。

衛生用品

無印良品のナイロンメッシュポーチの中には以下のものをまとめています。

左上から、靴下・カイロ・汗拭きシート・クレンジングシート・歯みがきシート・アルミ保温シート。

シート類は以前の記事でご紹介しています。靴下・カイロ・アルミ保温シートは寒さへの備えとして入れました。

リュックの詰め方の一工夫

リュックの中に重いものと軽いものがある場合、重いものを上側に入れると重心が高くなり背負った時に軽く感じるそうです。
リュックと背中に隙間がなく密着することでさらに負担を軽くできるので、リュックに詰める際は重いものは背中側にを意識して詰めました。

内ポケットは2つあるので、一番背中に近いポケットには水を、もう一つには食品を入れ、リュックの底には比較的軽い生理用品やタオルを入れてから衛生用品や救急セットなどをイン。
小さなことですが、何も考えずに詰めた時と比較すると背負った時安定感があり確かに軽く感じます。

また、リュックの中には普段使っている携帯電話やモバイルバッテリーなども入れて持ち出したいので、パンパンに詰めず、それらを入れるスペースも確保しています。

防災はその場限りのことでなく、日々の暮らし同様無理なく続けていくことが重要。
食品や衛生用品など期限のあるものは特別なものばかりを揃えると買い替えが大変なので、普段よく行く店舗で買えるものや普段使っているものをうまく活用するのもポイントです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ