無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[10/18〜10/24の運勢]10月4週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

占い
続きはこちらから

今週のふたご座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

辛酸なめ太郎

今週のふたご座は、深い水のなかに浸っていくような星回り。

「秋の暮水のやうなる酒二合」(村上鬼城)は、晩酌のうた。確かに一合ではちょっと物足らないし、三合では多すぎるとは感じますが、かといって「二合」がちょうどいいかと言えば、それもぴったりと言う訳ではないのでしょう。

作者の場合も、なんとなく「二合」を飲んでみて「水のよう」に感じた。つまり、普段と同じ酒であるのに、味が伝わってこなったのだろう。こういうのは晩酌としては面白くない。

仕事や人間関係で何かあって胸がつかえていたのか、心ここにあらずの状態だったのかも知れません。そんな風に静かな秋の夕暮れに、ひとり不機嫌なままに酒を舐めている男の姿には、酒の味はともかく、人生の深い味わいがあるように思います。あなたもまた、ゆっくりと人生を味わっていくだけを時間を確保されたし。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢

illustration by ニシイズミユカ

河原で踊る仏像のごとく

今週のかに座は、いのちの通うような交流に身と時間を割いていくような星回り。

18世紀後半、北野神社に勢いを張る阿国のかぶき踊りに対抗して、京都の四条河原でも「女かぶき踊り」の喧噪が起こった様子が、円山応挙によって描かれています。遊女や女芸人などの女性芸能者たちが、琵琶法師の打ち鳴らす三味線のリズムにのって、歌や踊りを披露していたのです。

当然、そのまわりには多くの人びとや商人たちが集まり、芝居見物に会食、買い物、あいびき、喧嘩、夕涼みなど、思い思いの過ごし方でその場を楽しんでいったのでしょう。そこにはくるしい日常で削られ消耗した生命を取り戻すための、最後の手段としての声があり、集まった人びとはそれに身をまかせ、相応じて、生のことや死のことや、水のことや火のことについて想いを巡らせることができた。

「河原」とは、もともとそういう場所だったのであり、文化というのはいつの時代もそうした場所から生まれていったのです。あなたもまた、堂々と怪しい活動に身を投じていきたいところ。

続きはこちらから
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ