無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[落とし穴]「腸の冷え」が招く問題とは?腸が冷える原因と食事・生活習慣による改善方法

美容

近年の健康ブームや腸活ブームで、腸内環境の大切さは定着してきました。一方で、「腸の冷え」を意識したことはありますか?「腸の冷え」は体のさまざまな不調を招く原因の可能性があります。そこで今回は、「腸の冷え」の原因と、症状、改善策について解説していきます。

「腸の冷え」について

お腹を触るとなんだか冷たい、下痢や便秘などの消化不良症状が続く、疲労感が取れにくい…などを感じる場合、腸が冷えている可能性があります。

腸は食事内容をダイレクトに反映する内臓であるほか、精神面などの影響も受けやすい臓器です。腸が冷える原因は、大きく3つ考えられます。

①冷たいものばかり飲む・食べる

暑い時期は特にですが、冷たいドリンクや冷たい食べ物ばかりを食べていませんか? 冷たい飲みものは全身を冷やすほか、腸を物理的に冷やしてしまいます。暑い季節に喉が渇いた時、温かい飲み物を飲みにくい気持ちもわかりますが、腸の不調がある際は避ける方が好ましいでしょう。

②ストレスを感じている

私たちの体は、自律神経(交感神経・副交感神経)によってコントロールされています。胃や腸などの消化器官は、副交感神経優位な状態で活発に動き、食べ物から栄養素を吸収する作業をしています。

ところが、ストレスを感じると交感神経が優位な状態になってしまいます。その結果、腸の動きが鈍くなり、血流の悪化や栄養素の代謝が十分でなくなるためエネルギー不足となり、腸の冷えを招く可能性があります。

③運動不足

Pixabay

近年、在宅ワークが主流となり、基本的に一日中座りっぱなし…という人、多いのではないでしょうか。1日の身体活動量が減ってしまうことでも、腸内の血流が鈍くなってしまい、腸の冷えを招く原因になります。

腸の冷えによって起こる不調

Pixabay

私たちの全身の健康を担っていると言っても過言ではない腸。そんな「腸の冷え」によっておこる不調は以下のようなものが考えられます。

特に、腸には免疫細胞の7割が存在しているといわれます。そのため、腸の冷えを解消することは、全身の健康から免疫力の向上につながります。

腸の冷えを解消する方法(食・生活習慣)

冷え改善のための食事方法

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ