無料の会員登録をすると
お気に入りができます

まるでトルコ!『東京ジャーミイ・トルコ文化センター』で1day文化体験[まるで海外な絶景旅トルコ編]

旅行・おでかけ

海外旅行をするのが難しい今ですが、日本国内にもまるで海外にいるかのような絶景が楽しめるスポットがあります。今回は、『東京ジャーミイ・トルコ文化センター』をご紹介。華やかなイスラムのアートがちりばめられた日本最大のモスクをはじめ、本場の食が味わえるカフェやマーケットを巡り、トルコを旅している気分になれます♪

2階に上がると、通路沿いに細密画やトルコの伝統楽器が展示されていて、トルコの文化にムクムク興味が湧いてきます!

カフェは昨年1月にオープン。肩ひじ張らないカジュアルな雰囲気です。本棚にはトルコ語の書籍がズラリ。

「ランチプレート」1500円は、肉料理にピラフ、サラダ、スープが付きます。この日のメインは「イスケンデルケバブ」。ピデという薄いパンに肉を乗せ、トマトソースとヨーグルト、溶かしたバターをかけたトルコ料理を代表するメニューのひとつです。サラダにはザクロのドレッシングがかかっていたり、初めて出合う味にワクワク!

デザートはすべて400円。ローズウォーターを使用したバラとチョコレートのマーブルケーキやピスタチオを練りこんだケーキなど、トルコらしいスイーツが日替わりでラインナップ。ボリュームもたっぷりです。

こちらの「トルココーヒー」300円や「チャイ」200円は無糖なので、甘いデザートにベストマッチ。トルコらしい絵柄のカップもステキです。

『ハラールマーケット』でおみやげ探しも楽しい!

最後に訪れたいのが、1階にある『ハラールマーケット』。イスラム教徒のための食材を扱うお店です。

お菓子、紅茶・コーヒー、ジャム、調味料、精肉まで、幅広い品揃え。あれこれ気になるものがあり、見るだけでも楽しめます。

食品だけでなく、トルコの雑貨や食器、アクセサリーなども販売。女性が頭髪を覆うための「ヒジャーブ」や礼拝用マットなど、礼拝のグッズも並んでいます。

おすすめはトルコの伝統的なお菓子「バクラヴァ」。何層にも重なった薄いパイ生地と間に挟まれたナッツ、中まで染み込んだ甘いシロップの組み合わせが病みつきになると評判です。おみやげにいかがでしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ