無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いくらとワインのマリアージュ。ボジョレーのお供に「いくらワイン醤油漬」

グルメ

みんなを「ちょっと贅沢で幸せな気持ち」に

Photo by macaroni

キラキラ輝く海の宝石、いくら。海の旨みを凝縮したような味わいと、プチプチという食感……、旬を迎えたこの時期は特に食欲をそそる食材です。

「いくらワイン醤油漬け」。山形県のマルセン醤油が販売するこの品は、2011年の東日本大震災をきっかけに生まれたといいます。

コンセプトは、日本を笑顔にする商品づくり。全国のおいしい食材と山形県の名産品を使って「ちょっと贅沢で幸せな気持ち」になってもらえるものをと考えた結果、この品ができあがったんだとか。

毎日食べても飽きないほどいくら好きな筆者。いくらをワインと合わせるという未知の試みに、期待で胸が高鳴ります。さっそく取り寄せてみました。

宝石のような一粒ひと粒

Photo by macaroni

黒と金をベースにした高級感溢れる箱のなかには、いくらが詰まった小瓶が2個はいっていました。ぶどうと鮭のイラストが描かれたラベルが印象的。冷凍されて届いたそれを、ひと晩チルドで解凍しました。

翌日フタを開けると、溢れんばかりのいくら。ふわっとワインの香りを感じました。ディルも上にのっていて、ふつうの醤油漬けとは様子が違います。材料にマルセン醤油のだし醤油と山形県産アイスワイン、北海道産のいくらを使用したこだわりのひと品。さっそく実食です!

Photo by macaroni

赤く輝くその粒は、ふつうのいくらの醤油漬けよりうすい色。だし醤油を使うことで、いくら本来の色合いが生かされていました。大きさのそろった粒のどれもがピンと張りがあり、材料から丁寧な作業でつくられているとわかります。

ひと口食べると、口のなかでいくつものいくらがプチッと弾けました。一度にトロッととろけ出ると、だし醤油のだしの風味とを甘みのある塩味を感じました。後からワインのほのかなアルコールがふわっと鼻を抜けます。

ホカホカごはんにたっぷりのせて

Photo by macaroni

まずは、炊きたてのご飯にたっぷりいくらをのせました。見るだけで心が踊るビジュアルです。

ごはんといくらをひと口分箸で取り、いただきます!口のなかで弾けたいくらから濃密な旨みがあふれ出し、ホカホカごはんと混ざり合いました。

ごはんの熱がワインの香りを際立たせ、ぶどう由来のふくよかな風味がふわりと鼻を抜けていきます。だし醤油のあっさりした味わいに芳醇なワインの香りが加わり、いくらの旨みをより引き立たせています。

ほかの編集部員にも感想を訊くと、酢飯や玄米でも試してみたいという声が挙がりました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ