無料の会員登録をすると
お気に入りができます

地域密着型の都市型ホテル「OMO5京都祗園 by 星野リゾート」でひと味違った京都旅行を楽しもう

旅行・おでかけ

「寝るだけでは終わらせない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」をテーマに、星野リゾートが新しく展開するブランド「OMO(おも)」が全国に増加中! 2021年11月、「OMO5京都祗園 by 星野リゾート」がオープンしました。京都では3つ目となる「OMO」。祗園の街を知り尽くしたスタッフのサポートのもと、街の歴史やお得な情報を知ることができるOMO5京都祗園。その魅力をたっぷりお伝えします!

地域密着型の都市型ホテルにようこそ

OMO5京都祗園は、八坂神社から徒歩すぐの祗園の中心部に佇むホテル。ロゴと白い暖簾が目印です。

受付を済ませ、エントランスをぬけると「OMOベース」と呼ばれるパブリックスペースが現れました。芸舞妓さんのうちわや手ぬぐい、香り袋など祗園の暮らしにまつわるアイテムが展示されていて、眺めているだけで気分が上がります!

壁一面に掲示されたマップは、ホテル周辺の魅力を宿泊者に伝えるスタッフ「ご近所ガイド OMOレンジャー」が作ったもの。定番のスポットから、ディープなスポットまで幅広い施設を網羅しています。OMOレンジャーが街歩きをサポートしてくれるツアーもあるので、後ほど紹介します。

泊まるだけじゃない!お部屋での楽しみ方を伝授

続いて、気になるお部屋に潜入! 客室は、赤・緑・青の3つのデザインタイプで、日本の伝統文様を表現しています。画像は籠目模様に鶸(ひわ)・苔・裏柳の色を組み合わせています。

屋台をイメージした遊び心のある部屋には、提灯が飾られています。

また壁にはOMOベースにある祗園のおすすめスポットの縮小版が掲示されているので、ゆっくり旅の計画を立てられますよ。

おすすめの朝食プランは、ホームベーカリーでパンを作って、焼きたてをいただける「おへやベーカリーセット」。ホームベーカリー(レンタル)と材料、抹茶スプレッドや粒あんなど6種類のコンディメント、ドリップコーヒーが付いて1人1000円です。京都はパンとコーヒーの消費量が全国トップクラスということで、このプランが発案されたそう。

多くの客室にキッチンが備え付けられているので、サラダやスープを一緒に作るのもいいですね。

京都の文化を体験できるアクティビティも!

OMO5京都祗園では、京都の文化を体験できるアクティビティも多数用意しています。「祗園てくてく茶会」は、OMOレンジャー一押しのお店で和菓子を購入し、部屋に持ち帰って抹茶と一緒に楽しむプラン。お茶道具一式を借りて自分で抹茶を点てることができるのです。

ホテルに戻ったら、抹茶の準備をしましょう。OMOベースで実際に茶葉を挽き、部屋で抹茶を点て、お菓子と一緒に楽しみます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ