無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デリから冷凍食品まで!MUJIのおいしいものが集結♪「MUJIcom東池袋」がオープン

グルメ

2022年1月14日(金)、東京・東池袋に新しいMUJIができたと聞いて早速行ってきました!地域密着型をテーマに、「食」をメインに扱うとのことで、MUJIのおいしいものが一堂に。人気のレトルトはもちろん、MUJI最大の売り場面積を誇る冷凍食品コーナー、さらには無印良品初の中食サービス「MUJI Kitchen」を設置するという充実ぶり。キッチン雑貨や化粧水などのコスメ、生活雑貨などの厳選アイテムも扱っているので、普段使いにもってこいのストア。「MUJIcom東池袋」の注目ポイントをご紹介します。

料金はレトルト食品+ごはん180円。
カレーは辛さ別に。ごはんにかけるシリーズは八宝菜、ユッケジャン、パクテーなど世界の料理がラインナップ。

迷ってしまったら店頭の本日のおすすめからチョイスしても◎。

専用容器に温めたレトルトとごはんを別々でもらえ、テイクアウトのほか、店内のカウンター席でサクッと食べることもできますよ。

注目ポイント4:先行販売アイテムもあり!「冷凍食品コーナー」

店内の左奥は一面冷凍食品コーナー。人気のキンパやおにぎりなど、レンジアップで簡単に食べられるメニューのほか、フライパンで10分調理だけのミールキットなどがズラリ。カット野菜なども用途に合わせて種類もいろいろ。お料理するのが楽しくなること請け合いです。ほかにもアイスクリームや和菓子なども。保冷バッグは必携です!

「MUJIcom東池袋」では新商品「うなぎ巻き」590円、「たまご巻き」490円が先行発売中。さっそく買って試食~♪

レンジで温めるだけでおいしい海苔巻きができあがり。
うなぎ巻きの方は柔らかいウナギの蒲焼がタレで味付けられたごはんで巻かれていて、1切れ食べただけで幸せな気分に。
たまご巻きは優しい味わいの玉子焼きが美味。太巻きくらいのサイズ感で、ボリュームも満点です。
どちらも冷凍食品とは思えないほど、ふっくらしたお米がおいしい。冷凍庫に1本、ストックしておけば安心♪です。

注目ポイント5:欲しい分だけ買える量り売りコーナー

玄米や白米、黒米、雑穀米など6種類のお米を量り売りで提供。

気に入ったお米を好きな分だけすくって、専用の袋に詰めて計量。

タッチパネルでお米の種類を選べば、自動的に料金が書かれたラベルが出てくるので、袋に張り付けてレジへ持っていけばOK。簡単です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ