無料の会員登録をすると
お気に入りができます

デリから冷凍食品まで!MUJIのおいしいものが集結♪「MUJIcom東池袋」がオープン

グルメ

2022年1月14日(金)、東京・東池袋に新しいMUJIができたと聞いて早速行ってきました!地域密着型をテーマに、「食」をメインに扱うとのことで、MUJIのおいしいものが一堂に。人気のレトルトはもちろん、MUJI最大の売り場面積を誇る冷凍食品コーナー、さらには無印良品初の中食サービス「MUJI Kitchen」を設置するという充実ぶり。キッチン雑貨や化粧水などのコスメ、生活雑貨などの厳選アイテムも扱っているので、普段使いにもってこいのストア。「MUJIcom東池袋」の注目ポイントをご紹介します。

お米の隣には1個から販売してくれるこだわり卵1個50円のコーナーも。

たまごかけご飯用のだし醤油や専用かつお節各450円もあるので併せてお試ししてみたくなります。

注目ポイント6:地域のおすすめ商品も並ぶ「地域つながりスペース」

地域密着型店舗ということで、地元、池袋周辺の情報を提供するコーナーも。

地域に根付いたお店の紹介とそのお店の代表商品も取り扱っていました。店舗や商品は今後月1ペースくらいで入れ替えていく予定なのだとか。オープン時は三原堂の「池ふくろう最中」490円、ぽんでcoffeeの「ポンデケージョ」500円が紹介されていました。

冷蔵コーナーにも西池袋にある、1923年(大正12)創業の老舗豆腐店「埼玉屋とうふ店」の商品が。池袋にそんな老舗豆腐店があったなんて!と新たな発見も。

また、「つながるコーヒー」コーナーではコーヒーチケット(1杯分)を購入して、メッセージを添えて掲示板に張り付けつけると、次に「MUJIcom東池袋」に来たどなたかに1杯のコーヒーをプレゼントすることができる新たな取り組みも。ほかのMUJIではない、特有の体験ができますよ。

注目ポイント7:24時間いつでも利用可能「商品受取ロッカー」

お店の外にある、ショップカラーのロッカー。こちらは商品受け取り専用のロッカー。無印良品ネットストアから注文した日用品、衣類品のほか、冷凍食品もOK。しかも店外なので24時間受け取ることができるので仕事帰りに立ち寄ることもできて便利。非接触・非対応で商品を受け取れるのでコロナ禍にはうれしいサービスです。

ほかにも使わなくなった保冷材の回収やだれでも自由に使える給水サービス、デリなどでマイ容器の利用OKなど、環境に配慮した取り組みも。

毎日立ち寄って使える「MUJIcom東池袋」はサンシャインシティのお隣、地下鉄東池袋駅からは徒歩3分のところにあります。近くにはイケサンパークという広々した公園もあるので、ぜひ1度行ってみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ