無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ゆるぽかレシピvol.6]ほっとリラックス。スパイスココア

レシピ

今回のゆるぽかポイント

ココアに含まれる「テオブロミン」には、末梢血管の拡張作用があるため血流が促進され、体が温まります。また、ココアの甘くほろにがい香りは集中力を高めたり、気持ちをリラックスさせる力があることが分かってきています。
体を温めて血の巡りを良くし、新陳代謝を促進するスパイスと一緒に召し上がれ。

材料(2人分)

ココアパウダー ... 20g

a. カルダモン(パウダー) ... 少々

a. クローブ ... 5粒

a. しょうが(すりおろし) ... 小さじ1杯

a. シナモンスティック ... 1本

はちみつ ... 大さじ3杯

水 ... 50cc

牛乳 ... 300cc

作り方

1. 小鍋にココアパウダー、(a)のスパイスを入れて香りが出るまで弱火でじっくり炒めます。
2. 火を一度止め、はちみつ、水を加えて滑らかなペースト状になるまで混ぜ合わせます。
3. 牛乳を少しずつ加えながらよく混ぜ、沸騰直前ませ温まったら茶漉しで濾しながらカップに注いで完成です♪お好みで生クリームやマショマロをトッピングして召し上がれ♪

今日から始める、ゆるぽか習慣⑥ スパイスのすすめ

いつもの料理にスパイスをひとふりプラスしてみてください。
唐辛子やこしょう、シナモン、クローブなどお好みのスパイスでOKです。また、しょうがやにんにく、ねぎ、大葉などの薬味としてよく使われる食材もおすすめです。

スパイスなどの刺激は胃腸のぜん動運動を活発にし、消化を促して食欲を増進させたり、消化を助けます。また、辛味を食材と合わせることで体をあたため、消化の促進や胃腸の働きを助けます。

文・レシピ作成:村井ひかる(管理栄養士)

前回までに紹介したレシピはこちら

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ