無料の会員登録をすると
お気に入りができます

元パティシエの一押し!業務スーパーの「クレームブリュレタルト」は二度楽しめる

クレームブリュレといえば、私たちの心を掴んで離さない憧れのケーキ。香ばしいキャラメリゼとなめらかなブリュレのコントラストがたまりません。そんなクレームブリュレをタルトにした、リッチな仕上がりの「クレームブリュレタルト」が業務スーパーから登場しています!

muccinpurin

グルメ

憧れのクレームブリュレがタルトに!

Photo by muccinpurin

クレームブリュレといえば、香ばしく焼かれたキャラメリゼと、トロトロなめらかなアパレイユ※のハーモニーが絶妙な、フランス生まれのお菓子です。(※流動状の生地のこと)

映画『アメリ』の主人公のように、カリカリのキャラメルをスプーンでパリン!と割るしぐさを真似したことがある方も多いのでは?

今回は、タルトになって業務スーパーから登場している「クレームブリュレタルト」を、元パティシエの筆者がプロ目線で試食してみました。

フランス直輸入!「クレームブリュレタルト」

Photo by muccinpurin

クレームブリュレタルト748円(税別)

「クレームブリュレタルト」は、ブリュレの生まれ故郷でもあるフランス直輸入。エッフェル塔のキュートなモチーフが目を引きます♪

通常クレームブリュレは、小さなココットや薄いグラタン皿に入っていることが多いので、タルトの形というのは、とても新鮮に感じますね。

Photo by muccinpurin

パッケージを開けると、なかからアルミのトレーが登場。プラスチックの蓋をしてあるので、保存にも使えそうです。冷凍庫が小さなご家庭では、箱から取り出した方がしまいやすいですよ。

Photo by muccinpurin

サイズは約21cmほど。8等分しても1個当たり約93円なので、かなりお得感がありますね!

Photo by muccinpurin

食べ方は、「冷蔵庫で約4時間解凍」「常温に約10分おいてカット」。常温に戻した方がよりおいしく食べられるんだそうです。さっそく解凍して味わってみました♪

卵の香りふわっ♪ 本場のクレームブリュレ

Photo by muccinpurin

さっそく、常温で10分置いてスタンバイOKです。解凍する前よりも表面がツヤツヤになっているのがわかります。食べごろのサインですよ。

肝心のキャラメルは……残念ながらパリン!とは割れませんでした。やはりあのカリカリのキャラメリゼは、お菓子屋さんでバーナーを使った焦がしたてならでは。冷凍したり、長い時間をかけて解凍してあの食感を再現するのはむずかしいんです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ