無料の会員登録をすると
お気に入りができます

映画『そらのレストラン』深川栄洋監督インタビュー&macaroni限定プレゼントキャンペーン

『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に続く、大泉洋さん主演北海道映画シリーズ第3弾『そらのレストラン』が2019年1月25日に公開されます。作品の見どころを深川栄洋監督にインタビュー。そして映画の公開を記念し、macaroni読者限定の豪華プレゼントキャンペーンも開催します!

macaroni_review

カルチャー

北海道映画シリーズ第3弾『そらのレストラン』

©2018『そらのレストラン』製作委員会

北海道の豊かな大自然を舞台に大泉洋さん主演でヒットを記録した映画、『しあわせのパン』(2011年)、そして『ぶどうのなみだ』(2014年)。その第3弾として2019年1月25日に『そらのレストラン』が公開されます。

前2作と同様、この作品でも北海道のご当地食材がふんだんに扱われており、観ているとつい「おいしそう!」と言ってしまうシーンばかり。今回は、作品のさらなる魅力について深川栄洋監督へインタビューをおこないました。

さまざまな食材のオーケストラを作りたい

Photo by macaroni

― 北海道映画シリーズ第3弾ですが、今回も食にまつわる映画となっていますね。

「『しあわせのパン』はパン、『ぶどうのなみだ』はワインというように、これまではひとつの食材にテーマを絞っていました。今回は〈やまの会〉という、せたな町で実際に活動している団体が扱う食材にスポットを当てています。野菜、米、羊、豚、ミルクやチーズなどの乳製品。食材がいくつもあるので、それらの指揮をするイメージというか、オーケストラを作りたい気持ちがありましたね」

― 特に印象に残っている食材はありますか?

「どれも素晴らしかったですが、牛乳が本当においしいです。僕がずっと飲んできたのと全然違う。北海道で搾りたての牛乳を飲むと、味がとても薄くて、爽やかで、のど越しがすごく良い。牛乳ってのどで飲むものなんですね」

©2018『そらのレストラン』製作委員会

― ビールみたいですね。(笑)

「それくらい爽やかなんです。東京でも『北海道牛乳ないかな』って探すようになりました。チーズを題材に映画を、というお話をいただいてからずっと考えていたんですが、チーズやミルクには不思議な力がある。湯気が立っているミルクや、チーズが溶けているシーンが画面に流れていると、自然と惹きつけられますよね」

― たしかに、温かな気持ちにさせられます。

「ミルクはお母さんの、子供に対する愛情のかたまりなんです。だから見るだけで人を幸せにする。そんな温もりが、画面を通してお客さんにも伝わるといいなと思っています」

ワンカットOKの朝食シーン

©2018『そらのレストラン』製作委員会

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ