無料の会員登録をすると
お気に入りができます

有田・陶山神社は鳥居から御朱印帳まで焼き物尽くし!みどころいっぱいの神社

旅行・おでかけ

有田焼の産地として有名な有田町。焼き物の町にふさわしく、鳥居や狛犬、灯籠などが焼き物でできた日本でも珍しい「陶山神社(すえやまじんじゃ)」が鎮座しています。また有田焼のお守りや御朱印帳もこの神社ならでは。境内を電車が走り抜けるという驚きの光景も見逃せません。

焼き物の町に鎮座する屋外美術館のような神社

佐賀の北部、長崎との県境に位置する有田町は、日本初の磁器生産地。有田焼は約400年の歴史を誇り、江戸時代から海外へも輸出され、透き通るような白磁の肌に美しい絵付けを施した磁器は、ヨーロッパでも愛されています。

町を見下ろす高台にある「陶山神社」は、万治元年(1658)に「有田皿山宗廟八幡宮(ありたさらやまそうびょうはちまんぐう)」として創建。その後、明治4年(1871)にこの地区の総称名にちなんで改名されました。有田町泉山で良質な陶石を発見した有田焼の創始者・李参平(りさんぺい)も祭られています。

正式な読み方は「すえやま」ですが、地元では「とうざん」の愛称で親しまれ、まさに陶磁器の神様。全国でも珍しい、焼き物の鳥居や狛犬などを見ることができ、その景観は「有田焼の野外美術館」とも称されるほどです。

鳥居に狛犬、灯篭など有田焼の銘品が境内に点在

まず拝殿へと続く急な階段の脇に有田焼の灯籠を発見。「お年を召した参拝者がこの階段を上るのは大変だろうから」という理由で、下からも焼き物が見えるようにと奉納されたものだそう。心温まるエピソードにほっこりします。

72段の階段を上り終えると、神社のシンボルである有田焼の大鳥居がお出迎え。白磁に天然呉須(ゴス)の淡いブルーの唐草模様が入った大鳥居は高さ3.7m、幅3.9m。明治21年(1888)に有田焼の陶工たちが寄進したもので、国の登録有形文化財に指定されています。鳥居は一度台風で倒れてしまいましたが、焼き直しや継ぎ合わせをしながら修復。少し青が濃く見えるのは焼き直した部分です。

よく見るとたくさんの磁器が組み合わされて1つの鳥居になっていることが分かります。有田焼の匠たちによる技術の高さに、ただただ圧倒されるばかりです。

鳥居の近くには、1対の狛犬が仲良く並んでいます。ちょっぴりユニークなお顔立ちをした愛らしい狛犬さん。鳥居より1年早い明治20年(1887)に奉納され、こちらも有田焼。白磁に青い染付のシンプルな狛犬の姿とは対照的に、台座には華やかな赤絵でチョウなどが描かれています。雨風にさらされて見えにくいですが、狛犬が乗っている台が赤絵部分です。

拝殿そばの階段途中にも1対の磁器製灯籠が

白い玉砂利が敷かれた拝殿がある周辺にも、磁器製の灯籠や門柱、直径90㎝の大水瓶などの大作がずらり。明治から昭和の時代にかけて製作されたもので、焼き物好きにはたまりません。

拝殿の裏手の磁器製「玉垣(たまがき)」にも注目!現在は本殿を囲む、手すり「高欄(こうらん)」として配されていますが、元は神社の聖域を囲んだ玉垣として弘化3年(1846)に奉納されたものだそう。

北側と南側にある玉垣の総延長は6.2m。表面には呉須による緻密な蔓草(つるくさ)文様がびっしり描かれています。磁器の部材を巧みに組み合わせた珍しいもので、町の重要文化財にも指定されています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ