無料の会員登録をすると
お気に入りができます

心の健康にも備えが重要。私たちに元気をもたらすツール[WRAP]とは?臨床心理が解説

ライフスタイル

誰にでも元気な時もあれば、落ち込んだりする時があるもの。特に季節の変わりめは、心身のバランスを崩しやすく『なんだか元気になれない・・・』という気持ちになりやすかったりするのではないでしょうか。そういった時に、元気になるための方法をあなたは持っていますか?今回は元気を回復するためのセルフヘルプツール【WRAP】をご紹介します。

日常生活管理プラン

特別なことではなく、日常生活の中で取り組みやすいことや、これまですでに行ってきていることをリストにしてみましょう。例えば、好きな音楽を聞く・湯船につかる・1日3食を心がけるというような、そんなに難しくはないけど、やるとプラスになることを選ぶと良いです。

引き金に対するプラン

心身の調子を崩すきっかけになるかもしれない出来事や状況についての対応を考えてみましょう。例えば、睡眠不足の時に調子が悪くなるのであれば、予定を減らして休む時間を作る、早めに布団に入るとか、職場で緊張する状況が続いてきたときには、誰かに話したり、自分なりの気晴らしをするといったようなことです。

注意サインへの対処

調子を崩す時に起きがちな、自分の中に起きるサインを明確化してみましょう。例えば、胃や頭の痛みが起こる、不安や焦りの気持ちが高まる、『〇〇すべきなのに』という思考が浮かびやすくなるなどです。

調子が悪くなってきた時

不調になってくると、行動に現れやすいもの。それに対してどういう手立てを取るか考えます。例えば、普段はしないミスが増えてきたと感じるのであれば、ボーッとする時間を作って頭の中を空にする・ネガティブな感情や思考がぐるぐるし始めたら、必要以外の情報を遮断するなどです。

危機的状況の時

自分ではどうしようもできない時、どんなことでサポートしてもらいたいかを考えましょう。例えば、友人や恋人、家族に家のことなどを手伝ってもらう・専門家に話を聞いてもらって解決策を考えるなどです。逆に『したくないこと・して欲しくないこと』という視点で考えてみるのも良いでしょう。

危機的状況を脱した時

骨折をした時に、治ったからといって急に運動したりしたら悪化してしまう可能性がありますよね。それと同じように、危機を脱したとはいえ、また不調になる可能性があります。なので、急に日常の自分に戻るのではなく、段階を経てゆっくり回復していくためのプランを考えましょう。例えば、寄り道を控えて自宅に帰る、急を要しない予定を延期する、休む自分も良しとする、などです。

自分で自分のための回復方法を作っておこう!

落ち込んだり、調子を崩したりした時、自分の一番の味方になれるのは誰でもない自分自身です。また、調子を崩している最中は自分へのケアについて意外と考えられないもの。だからこそ、普段から『どんなことをしたら自分が元気でいられるか』という視点を持ち、元気に健康でいられる方法やツールを備えておきましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ