無料の会員登録をすると
お気に入りができます

簡単なのに絶品!便利アイテムを使って「干物」を作る方法

レシピ

材料

Photo by akiyon

・イカ
・塩と水(水1リットルに対し30gくらい)
・ひもの専用干し網、または竹ざるなどの干す道具
・竹串2~3本

イカは比較的さばきやすいので、自分で開くことにしました。お魚屋さんでも「ひものにしたい」旨を伝えると、きれいに開いてくれますよ。

作り方

Photo by akiyon

軟骨と口、目、ワタを取り除いて開いたイカを、きれいに水洗いします。水分を拭き取ったら塩水に漬け込みます。塩水は濃度が3%くらいがおすすめですが、好みに応じて調整します。

漬ける時間は20分ほど。イカは漬かりやすいので、"漬けすぎ"に注意してくださいね。

Photo by akiyon

漬けあがったイカの水分を拭き取り、干した時に丸まらないように、竹串を十字に刺しておきます。

Photo by akiyon

ざるやネットなどの干す道具にイカを並べて、外の風通しのよい場所で干します。天候や季節によって干す時間は異なりますが、できあがりの目安は、表面が乾いて汁気がなくなるくらい。

たまに様子を見ながら、昼間なら4~5時間くらい、夜間ならひと晩干してみて乾き具合を調整します。

Photo by akiyon

筆者はひもの専用ネットを庭先に吊るして干しました。ネットは干す場所が何段かあるので省スペースで、また風通しがとてもよいので早く乾かすことができます。

通信販売などでリーズナブルな価格で手に入り、ひとつ持っているととても便利なアイテムです♪

購入はこちら|干物干し網3段(楽天市場)
Photo by akiyon

筆者が干した日は冬季で気温も低く陽ざしも弱かったので、昼間干したあと、外にひと晩干して表面が乾いたところで取り込みました。下足がずいぶん細くなってカリカリの状態になりましたが、身はまだまだやわらかさが残っています。

Photo by akiyon

表面が乾いて少しシワシワの箇所も。全体的に生なましさがなくなり、しっとりとやわらかいイカのひものができあがりました。干している途中で様子を確認する手間はかかりますが、「漬ける」と「干す」のみのシンプルな工程で作ることができました。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ