無料の会員登録をすると
お気に入りができます

骨盤底筋群に働きかけて代謝をアップ!ヨガ版コアトレ

美容

どこにあるのかわからない骨盤底筋群。鍛えたくても鍛え方が…という人、結構多いようです。そこで、ヨガティーチャーの鈴木伸枝先生に骨盤底筋にアプローチする方法を教えていただきました!

ヨガジャーナル日本版編集部

骨盤を安定させ熱量を高めて体温上昇

骨盤底筋は、連動する股関節を動かしてアプローチ。ここはエネルギーを生み出すムーラバンダにあたり、強化すると体内のエネルギーが増し体温が上がります!

ムーラバンダ

股関節の動きに連動させて筋力アップ「キャットスプリットの変形」

股関節を伸展→内転→外旋させるエクササイズで骨盤底筋を効率よく刺激。お腹を引き上げて姿勢を保つと、腹横筋も同時に鍛えられます。

HOW TO

1.四つん這いになり、右膝を上げる。脚を後ろに伸ばして股関節を伸展。

(Photo by Shoko Matsuhashi)

横から見ると…

(Photo by Shoko Matsuhashi)

2.太腿を内側に入れて股関節を内転。骨盤を真っすぐに保ち、お腹に力を入れると姿勢を安定しやすい。

(Photo by Shoko Matsuhashi)

3.さらに、右足の爪先を外側に向け、股関節を外旋させて10秒キープ。反対側も同様に行う。

(Photo by Shoko Matsuhashi)

POINT

骨盤底筋に効かせるコツは骨盤を真っすぐに保つこと。脚の動きにつられて骨盤が傾かないように気をつけて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ