無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お尻の筋肉を強化して骨盤の安定感をアップ!「ヨガ筋肉」が美しい北村エミさんのトレーニング法

ヨガで磨かれる肉体はスリムでありながら力強く、同性でも惚れ惚れするもの。そこで、ヨガを愛する美女にヨガで役立つ筋肉を育むトレーニング法や、日常生活で行っていることを聞きました!今回ご紹介するのはヨガインストラクターの北村エミさん。

ヨガジャーナル日本版編集部

美容

北村エミさんは「お尻の筋肉を強化して骨盤の安定感をUP!」

「お尻の筋肉は、体の中心にある大きな筋肉。上手に使えるようになると、ヨガで骨盤の安定感が変わります。特に立位でのキープ力がつきますよ」と北村さんは語ります。

1.寝鳩のポーズでお尻の柔軟性を引き出す

お尻のストレッチ効果が高いポーズ。左足を前について膝を外に開き、右脚は後方に伸ばして骨盤は正面に。前屈して10秒。反対側も。

寝鳩のポーズ

2.筋膜リリースで固まった筋肉をリセット

ヨガや運動前は筋膜リリース。お尻の下にテニスボールやゴルフボールを置いて転がす。こりを感じる部分を中心に、両尻で約5分。

筋膜リリース

3.ブルガリアンスクワットで臀筋をパワーアップ

HOW TO

1.右足の甲を後ろの椅子に乗せる。

ブルガリアンスクワット

2.左膝を直角になるまでゆっくり曲げたら、お尻を先導させて戻すのを10回×2セット。反対側も。

ブルガリアンスクワット

北村エミさんプロフィール
パーソナルヨガインストラクター。都内ヨガスタジオで講師として勤務後、2016年パーソナルヨガスタジオ「emiyoga studio」を立ち上げる。著書に『二度見させるカラダは美尻ヨガでつくる』(2017年、KADOKAWA)がある。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ