無料の会員登録をすると
お気に入りができます

え、こんなの知ってた?太らない揚げ物の作り方

ダイエット中はカロリーの高い揚げ物を控える方が多いと思いますが、たまには唐揚げやとんかつなど、揚げ物を食べたくなりますよね!そこで今回は、スポーツ栄養学を学ぶ筆者がダイエット中に実践したい、太らない揚げ物の作り方を紹介します。

レシピ

ダイエット中でも揚げ物が食べたい!

ダイエットをしていると、カロリーが高い揚げ物を避けるのではないでしょうか。

揚げ物は油にどっぷりと浸けて加熱するので、たくさん油を吸ってしまい、カロリーが高くなってしまいます。

しかし、ダイエット中でも揚げ物が食べたくなること、ありますよね。ぐっと我慢して欲しいところですが、どうしても食べたいときには、少しでも太らない揚げ物になるように工夫して食べるようにしましょう!

今回は、スポーツ栄養学を学ぶ筆者が、自宅でできる、太らない揚げ物を作る方法を紹介します。

太らない揚げ物の作り方①:衣は使わず素揚げにする

揚げ物が太る理由の一つは、サクッとした食感に仕上げるための衣が、油をたくさん吸っていること。カロリーも脂質も高くなっています。

揚げ物は衣をつけず素揚げにすることで、油の吸収率を抑えることができます。

太らない揚げ物の作り方②:衣をおからパウダーにする

どうしても衣をつけたい場合は、せめて糖質の多い小麦粉ではなく、おからパウダーを使ってみましょう。糖質を抑え、ヘルシーな揚げ物を作ることができます。

おからは低糖質、低脂肪な上、食物繊維も豊富。原料は大豆なので、タンパク質も含まれていますよ。

太らない揚げ物の作り方③:フライパンで少量の油で揚げ焼きする

揚げ物をする際は、深いお鍋に油をたっぷり入れると思います。しかし、このようにして揚げ物を作ると、油をたくさん吸収してしまう原因になります。

油の吸収を抑えるために、フライパンに薄く油を敷いて焼くようにしながら揚げましょう!こうすることで、油の吸収率を抑えることができます。

太らない揚げ物の作り方④:大きくカットする

フライドポテトや唐揚げ、一口サイズのコロッケなどは、食品が小さく切られた状態で挙げています。実は、この切り方では、油を多く吸ってしまうのです。

油の吸収率は、油が食品の表面に触れる面積が広くなればなるほど、つまり、細かく切れば切るほど高くなります。油の吸収率を抑えるには、食品を大きく切り、油に触れる面積が狭くなるように意識しましょう。

太らない揚げ物の作り方⑤:オリーブオイル、米油で揚げる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ