無料の会員登録をすると
お気に入りができます

人気ティーチャーの毎日ヨガと暮らし方|浅野佑介先生の場合

美容

アーサナが美しかったり、ヨガ哲学への増資が深かったり、ティーチングとともにその人柄も多くの人を引き付ける、人気ティーチャーたち。そんな彼らのヨガを育む、毎日の練習方法と暮らし方に迫ります。今回は、浅野佑介先生をご紹介!

ヨガジャーナル日本版編集部

浅野佑介さんってどんな先生?

ヨガインストラクター。全国各地でのヨガイベントへの出演も多数。フィットネスジムのトレーナーだった経験を活かした、トレーニング系のクラスやメンズヨガクラスも好評。

「骨盤をあらゆる方向に動かし体幹を鍛えるシークエンス」

5年以上にわたり、今回紹介してくれたシークエンスを練習している浅野佑介先生。「骨盤の向きを意識しながら体幹を鍛えるもの。先日サーフィンで首を痛めてしまったので、今は特にあごを引いて首を伸ばし、脊柱のカーブを整えるよう気をつけています」。もともと腰のヘルニアからヨガを始めただけに、どうすれば安全にポーズがとれるかを練習の時から研究し、クラスに活かしていると話します。今年は過去にお世話になった先生の元へ再度学びに行くなど、インプットの機会をたくさんつくっているそう。「伝統を大切にしながら、今の時代に合わせたものを取り入れていきたい。自分の経験を活かした、オリジナルのメソッドを伝えていきます」

シークエンス
体幹

浅野先生の毎日ヨガ:骨盤をあらゆる方向に動かし体幹を鍛えるシークエンス

1.太陽礼拝を3回行ってから、ハイランジ。

太陽礼拝
ハイランジ

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION) Shoko Matsuhashi

2.ツイストのランジで、骨盤を締める。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION) Shoko Matsuhashi

3.ヴィーラバッドラーサナⅡで、骨盤を真横に。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION) Shoko Matsuhashi

4.パルシュヴァコーナーサナで体側を伸ばす。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ