無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[連載]洗剤選びでお掃除上手♪汚れの種類と成分を知って適材適所の洗剤を選ぼう!

ライフスタイル

キッチン用、お風呂用、トイレ用など、場所別で揃えると多くなりがちな洗剤。選び方を知ると、場所別で揃えることがなくなり、洗剤の数も少なくなるかもしれません!今回は、適材適所で使用している我が家の洗剤たちをご紹介します♪

べべ

キッチン用、お風呂用、トイレ用など、場所別で揃えると多くなりがちな洗剤。選び方を知ると、場所別で揃えることがなくなり、洗剤の数も少なくなるかもしれません!

今回は、適材適所で使用している我が家の洗剤たちをご紹介します♪

洗剤は裏面の成分を見て選ぶ

folk-media.com

洗剤の成分は大きく、アルカリ性、中性、酸性に分けられます。

例えば、キッチンの油汚れ。この多くは酸性の汚れが原因なので、アルカリ性の洗剤が効果的です。

また、水栓周りには水垢汚れがつきますよね。水垢はアルカリ性の汚れになるので、酸性の洗剤が効果的です。

このように、逆の性質の成分を使い、中和作用の働きで汚れを落とします。

場所別ではなく用途別で選んだ洗剤たち

folk-media.com

我が家では、この洗剤たちを水垢用、油汚れ用、除菌用、消臭用などの用途別に使い分けて使用しています。

おふろのなまはげ(酸性洗剤)

folk-media.com

酸の力で水垢を溶かします。

最初からクレンザーなどを使用して研磨するよりも、素材に負担をかけることなく落とせるところまでの汚れを落とすことができます。

白いなまはげ(アルカリ性洗剤)

folk-media.com

アルカリ性の力を利用して、油汚れを落とします。

キッチンだけでなく、浴槽の皮脂、テレビ画面の皮脂、窓についた手の皮脂なども落とすことができ、47倍に薄めて使えるのでコスパも最強です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ