無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ラクラク食費月2万円!ズボラ節約達人の「帰ってから15分!1食200円台以下」1週間献立

レシピ

★新じゃがと若鶏の「うまいうまい焼き」
・わかめと大根きのこのお味噌汁
・枝豆
・ポンカン
(★は下味冷凍)

新じゃがは実家の庭からのお届け便なので、無料です♪

「うまいうまい焼き」はにんにくとしょうがが効いていて、家族に好評でヘビロテしている1品。
おいしいうえに、安い胸肉でもジューシーにできるので、節約にもつながっています。

デザートのフルーツは高価なイメージですが、長持ちするものを購入して(柑橘類は比較的長持ちします)少しずつ消費するようにしています。
毎日の食卓に彩りを与えてくれ、食費に響くこともありません。

3日目 ワンプレートでカフェ風ごはんにも

・エビフライ(冷凍)
・ネギ豆腐のお味噌汁
☆きゅうりの漬物
(☆は作り置き)

この日も、夫はひとりごはん。
業務スーパーの冷凍エビフライを揚げただけの簡単主菜です。

時短でボリュームもありながら価格も安く抑えられています♪

私と息子は、一足お先にほぼ同じメニューを、ワンプレートでカフェ風ごはんにして楽しみました!

4日目 お肉はまとめ買い&まとめて調理

・豆腐と揚げのお味噌汁
☆若鶏と大根卵の煮物
☆豆苗とかまぼこの甘辛炒め
☆にんじんしりしり
(☆は作り置き)

お肉は基本的に小分けのものは避け、まとめ買いして、まとめて調理をしています。

この日は若鶏手羽元15本入りを購入し、半分は煮物に、もう半分はタンドリーチキン用に下味を付けて、冷凍しました。

小分けのものを買うと、別途店内調理と梱包が必要になります。
またそれにかかった人件費も上乗せされているため、一つ当たりの単価は高くなりがち。

お肉はできるだけ大きいものを買ってまとめて調理(下味冷凍)することで、家事貯金もでき、パッケージの開封や処理など細かい自分の負担も減らしています。

5日目 レトルトをアレンジしてボリュームアップ

・ミートソースパスタ
・玉ねぎスープ
・ポンカン
☆アヒージョ
(☆は作り置き)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ