無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洗濯の見直しで家事ラク! 衣類収納の仕組みづくり[時短家事テク]

ライフスタイル

マスターライフオーガナイザー®のはやさかひろみです。

みなさん突然ですが、洗濯は好きですか?

「洗濯干すのは好きなんだけど、畳むのが苦手……」「畳むまではいいんだけど、その後しまうのが面倒……」など、洗濯とひとことで言っても、やることはさまざまです。家族の人数に比例して大変な作業も増えてしまいがち。

当たり前のようにやっている家事、洗濯。この毎日の衣類の扱い方を見直してちょっと工夫をするだけで、毎日の洗濯家事が楽になるかもしれません。

今回は、そんな洗濯・衣類収納の仕組みを考えるポイントをお伝えします。

洗濯が面倒なのはなぜ?

welcome-to-gettyimages.jp

家事の中でも洗濯が面倒なのは、なぜなのでしょう? それは、やることが複雑で手順が多いからなのです。

【1】服を脱ぐ
洗濯機の場所に持っていく→洗濯機に入れる→洗剤を入れる→洗濯機をセットして洗濯する

【2】洗濯機から出す
カゴなどに入れる→物干し場に持って行く→ハンガーやピンチを使って干す

【3】乾いた洗濯物を取り込む
人別にわける→それぞれ畳む→それぞれの収納場所へ運ぶ→引き出しなどにしまう

このように、大まかに分けて3つの段階に分かれ、さらにそれぞれの段階ごとに複数の行動を伴います。洗濯スタートから乾いた洗濯物をしまうまで、こんなに複雑な手順が必要なのです。

さらに、洗濯機が回っている間や洗濯物を干して乾かしている間は、別の家事をこなしていたりしますよね。その間にやらなければならない家事や他に優先することがあったりすると、最後のしまうまでたどり着くのも時間がかかります。

洗濯の仕組みを見直してみよう

動線を見直す

welcome-to-gettyimages.jp

先ほどの手順に、動線を合わせて考えてみましょう。

「洗濯機から出す」という動きであれば、動線は洗濯機前→物干し場です。

この動線は、ちょっと距離があってもそんなに苦ではないかもしれません。洗濯物は干して乾かさないとまた着ることができない、という思いからでしょうか。洗濯をしたのに、面倒で干さないでしまう人というのはいないでしょう。

「乾いた洗濯物をとる」なら、物干し場→わけて畳む場所→それぞれの収納場所が、動線ですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ