無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分でできるとママも楽チン!子どもの朝支度のコツ

ライフスタイル
welcome-to-gettyimages.jp

マスターライフオーガナイザー®のはやさかひろみです。

朝は何かと忙しく、小さなお子さんのいらっしゃる方は自分の支度と子どもの支度に追われて毎朝バタバタ……。イライラしたり、早くして! と怒りたくないのに怒ってしまって、子どもを送り出した後はいつも自己嫌悪。という方もいらっしゃるかもしれません。

できるなら自分のことは自分でやってもらいたい、と思っている親御さんも多いはず。

では、お子さんが自分の支度を自分でできるためには一体どうしたらいいのでしょうか。園児〜小学校低学年のお子さんを例にお伝えします。

「自分でできる」ためのポイント

わかりやすく細分化

朝の支度ってたくさんありますよね。

起きる→着替え→朝食→洗顔・歯磨き→持ち物の準備→出発

ざっくり書き出してみるとこうなりますが、一つひとつ見ていくと

【着替え】着替えを出す/着替える/脱いだパジャマを片づける
【持ち物の準備】持っていくものを出してくる/カバンに入れる
例)園児の場合、コップとおしぼりなど
例)小学生の場合、給食セット(はし・スプーン・おしぼり)など

このように、どこから何を持ってきてどうするのか? という行動は、本当はかなり複雑なんです。

もしお子さんに「持ち物準備しなさい!」と言っているとしたら、何となくわかっていても具体的には何をすればいいのかが伝わっていないこともあるかもしれません。

着替える、ご飯を食べる、歯を磨く、顔を洗う、給食セットをランドセルに入れる、など言わなくてもわかるだろうと思わずに、具体的に細分化して伝えてみてください。

早く用意しなさい! などだけでは、伝えていないのと同じ。伝え方を工夫するだけで、お子さんも動きやすくなるかもしれませんよ。

収納は出し入れしやすい仕組みに

welcome-to-gettyimages.jp

お子さんに具体的に伝わったとしても、やるべき一つひとつの行動が難しいものだったらどうでしょう?

朝起きたばかりで眠く、まだエンジンがかからない状態で難しい行動をするのは、大人だって嫌になってしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ