無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無印良品週間よりお得!期間限定値下げで大人買いした隠れ名品「冷水筒」の意外な4大メリット

ライフスタイル

こんにちは!非協力的な家族の中でスッキリシンプルな暮らしを模索するヨムーノライターの非ミニマリストフネです。

わが家は夫波平と長女サザエ・長男カツオ・次女ワカメの5人家族なので磯野家と呼んでいます。

無印良品週間中に店舗に行ったフネですが、そこで冷水筒がお安くなっていました。
無印良品週間よりお安い期間限定値下げでした。

2リットルが790円→650円
1リットルが690円→550円

期間限定だったのですが、期間限定価格は無印良品週間よりずっと安いことがほとんどなので、皆さんもたまにチェックしてみてくださいね。
※無印良品週間の10%割引とは併用できません。

さて。
子どもが大好き麦茶の季節がやってきました。
我が家では冬でも冷たいお茶なのですが、ずっと当然のごとくお茶は沸かして煮出していました。

小さい頃からそうだったので、それが当たり前でした。

ただ、家族が多いと2リットルが一回の食事でなくなったりするこれからの季節。
しかも朝学校にも持っていきます。というわけで、わりとすぐに切らしてしまいます。

マキシマリストの夫波平には「4リットルのやかんを買おうや」と言われ。
めんどくさがりの次女ワカメには「2リットルのペットボトルのお茶をケースで買えばいいのに」と言われ。

波平の主張→即却下。
うちは給食センターではないのだ( ̄- ̄;)

ワカメの主張→お金かかるしゴミかさばるから却下。

そんな時、長女サザエから言われた一言。
「なぜ冷たいお茶をつくるのにわざわざお湯にすんの。逆じゃん、非効率じゃない?」
「え、お茶を煮出すからやん」と答えたものの……最近のお茶には『水出しも出来ます』の文字が。

水出しの麦茶。
美味しいのか?←鶴瓶さんは美味しいって。

煮沸消毒しなくていいのか???←ここ日本

色々考えを巡らせたものの、毎年の猛暑にクーラーをかけてる部屋でやかんを沸騰させ、ホカホカのそれをまた部屋で冷めるまで置いておく非効率さ。

確かに。

”ガンガンクーラーをかけてあつあつたこ焼きプレートでたこ焼き焼いてついでにブレーカー落ちる”と同じ状態?←関西人あるある

ということで、価値観を覆し、水出しをやってみることにしました。
前置きながっ(゚∀゚ )

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ