無料の会員登録をすると
お気に入りができます

日本人の2人に1人が「がん」を経験…専門家ががん保険を徹底比較

子育て

日本人の2人に1人が経験するといわれている「がん」。今や必ずしも死に至る病気ではなくなりましたが、恐ろしい病気であることに疑いの余地はありません。でも、保障内容が複雑で一体どの「がん保険」がいいのか選ぶのは大変です。そこで保険のプロが徹底比較! 口コミではわからない本音のおすすめランキングを発表します!

がんの治療にかかる費用のことを考えておかないと、自分に合う効果の高い治療が見つかっても、経済的な理由であきらめなくてはならない、といったことも有り得ます。また、がんのステージによる治療費もよく考えておく必要があります。

早期がんの治療費は、療法による費用と入院費、定期検査代がある程度まとまった期間で必要になります。

進行がんの場合は、3段階での治療を受けるため治療費がかかる期間も長くなります。定期検査費に加えて、療法によっては入院費が発生することもあります。

早期がんが再発した場合も同じく治療のための費用や入院費がかかります。薬物療法も始まるので時間も費用もプラスでかかってくることになります。

がん保険の種類は、①主契約が入院給付金・手術給付金のタイプ、②主契約が診断一時金のタイプ、③主契約が治療給付金のタイプの大きく3つに分けられます。

①の主契約が「入院給付金・手術給付金」のタイプは、入院をした日数ごと、手術をしたときに給付金を受け取れます。長引く入院や、再発で入退院を繰り返しても安心で、交通費や日々の雑費などに給付金を充てることもできます。ただし、特約で診断一時金や抗がん剤治療などの給付金を付けると保険料が割高になる点には注意が必要です。

②の主契約が「診断一時金」のタイプは、がんと診断されると100万円などまとまったお金が受け取れます。このお金は治療費から生活費までどんな用途にも使えるため、当面お金の心配をしないで済むのが人気の理由。なお診断一時金は「2年に1回」給付が限度となっている商品が多く、短期間で再発した場合には再度の給付を受けられない場合もあります。

③の「治療給付金」が主契約のタイプは抗がん剤や放射線、ホルモン治療の治療費などの保障を定期的に受けられます。薬物療法や放射線療法に手厚く備えたい人におすすめですが、保障対象の治療が限定されていることもあるため、あらかじめどんな治療が保障の対象となっているかチェックすることが大切です。

①の入院・手術給付金が主契約のタイプは、以前は主流でしたが、がん治療が入院から通院にシフトしているため、実際の治療実態にあまりフィットしないのが実情です。
そのため、今選ぶなら、がんと診断されたときにまとまったお金が受け取れる②の診断一時金タイプか、放射線、抗がん剤、ホルモン治療など、治療ごとに給付を受けられる③の治療給付金タイプがオススメです。

がんは、「上皮内新生物」と「悪性新生物」との大きく2種類あり、上皮内新生物はがんが上皮内に留まっており、浸潤や転移のリスクが低いのが特徴。悪性新生物は進行性のがんで、転移や再発の可能性があります。がん保険には、上皮内新生物が給付対象になる保険とならない(特約として付加する)保険があるので、保障の範囲を必ず確認しましょう。

では、現在のがん治療やがん保険の選び方のポイントを踏まえて、8名の保険のプロが、今おすすめのがん保険ランキングを公開します!

なお、保険市場では同社で取り扱いのある保険商品に関して外出せずにオンラインで相談が可能な「オンライン保険相談サービス」を行っています。相談料も無料なので気になる方は利用してみてくださいね。

▼「オンライン保険相談サービス」はこちら

チューリッヒ生命
終身ガン治療保険プレミアムZ

DONUTSでシミュレーション

▼月払保険料の例

年齢・性別
月払保険料


30歳男性
2405円


30歳女性
2692円


40歳男性
3441円


40歳女性
3456円


50歳男性
5273円


50歳女性
4178円

▼保険料条件

主契約給付金(I型)
ガン通院特約(Z03)
ガン先進医療特約(Z06)
(ガン先進医療給付金・ガン先進医療支援給付金)
ガン治療特約
悪性新生物保険料払込免除
保険期間・保険料払込期間


基準給付月額20万円
1日あたり5000円
通算2000万円限度(ガン先進医療支援給付金であれば1回につき20万円)
あり
あり
終身

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ