無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ぽっこりお腹解消]管理栄養士おすすめの1週間献立

美容

だんだんと薄着になってくるこれからの季節、気になるのがボディラインですよね。特にお腹周りが気になる!という方も多いのではないでしょうか。今回は、便秘によるぽっこりお腹を解消するためのおすすめレシピを、管理栄養士が厳選してご紹介します!

ぽっこりお腹解消のためのポイントは?

1日3食、規則正しく食事を摂る!

まずは食事を1日3食しっかり摂ることがとても大切。規則正しく、しっかり食事のリズムを作っていきましょう。
水分や食べ物が胃に入ると、その刺激で大腸が動き、スムーズなお通じに繋がります。この反応は朝に特に強くみられるため、朝食をしっかり摂ることは特に大切です。

また、しっかりお食事を摂ることで便のカサが増え、お通じが出やすくなります。

どんなものを食べる?

しっかり摂りたいのが食物繊維を多く含む食材。食物繊維には、水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」があり、どちらもバランスよく摂るのが大切です。
水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えたり、便を柔らかくしてくれる働きがあります。不溶性食物繊維は、便のかさを増やし、腸の動き(ぜん動運動)を活発にして排便しやすくしてくれますよ。

また、発酵食品に多く含まれる乳酸菌は、腸内環境を整える働きが期待できますので、こちらも積極的に取り入れていけると良いですね。

こまめに水分補給!

水分が不足すると便が硬くなり、便秘になりやすくなります。
お食事時や、お食事の合間にもこまめにコップ1杯の水分補給を意識していきましょう。お食事に汁物を取り入れるのもおすすめですよ。

ぽっこりお腹よ、さようなら!管理栄養士のおすすめ献立7DAYS♪

【DAY1】「腸内環境整えよう★食物繊維たっぷりのバランス献立」

1日目は、食物繊維たっぷりな食材と発酵食品を上手に組み合わせたバランス献立をどうぞ!

主食:ごはん
主菜:納豆と豚肉のピリ辛炒め
副菜:水菜の梅煮
汁物:しらたきとえのきのかつお節和え

「腸内環境整えよう★食物繊維たっぷりのバランス献立」はこちら

【DAY2】「便秘解消でスッキリ献立♪レンコンときのこでヘルシーラザニア風」

食物繊維たっぷりのレンコンとキノコを使ってヘルシに仕上がっている点も嬉しい、ラザニアの献立。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ