無料の会員登録をすると
お気に入りができます

東京の蛍の名所でロマンチックデート♪お祭り情報も[2019年最新版]

旅行・おでかけ

【1】ホテル椿山荘東京(目白)/贅沢ディナーブッフェと蛍観賞をどうぞ

都心にありながら、さながら森のような豊かな庭園の中に立つ「ホテル椿山荘東京」。四季の移り変わりを肌で感じられる広大な庭では、初夏になるとゲンジボタルの姿を見ることができます。

自生の蛍の羽化率が1%と言われるなか、専門家の指導のもと生育環境を整えているこちらでは、羽化率はなんと80%にも上るそう。

現在は、蛍観賞イベント「ほたるの夕べ ディナーブッフェ2019 ~記憶に残る、特別な日~」が開催されています(7月7日(日)まで、要事前予約)。

手の込んだホテル特製のディナーブッフェで思う存分お腹が満たされた後は、美しい庭園で蛍を観賞。その夜は、イベントの名の通り“記憶に残る特別な日”となること間違いなしです。

ホテル椿山荘東京「ほたるの夕べ ディナーブッフェ2019 〜記憶に残る、特別な日〜」
開催場所:ホテル椿山荘東京

ホテル椿山荘東京

開催日時:2019年5月17日(金)~7月7日(日) 食事は19:00~21:00 ※受付は食事開始の30分前に開始、時間は日によって前後する場合あり。予約時に要確認(イベント詳細については公式サイトをご確認ください)
料金:中学生以上9,800円(月~木)・10,500円(金~日)、小学生4,500円、幼児(3歳~)2,500円
電話番号:03-3943-1140(イベント予約専用番号 9:00〜20:00)
最寄駅:目白、江戸川橋、早稲田

【2】足立区生物園(竹ノ塚)/生態の解説を聞きながら蛍を愛でる

足立区保木間にある「足立区生物園」は、自然の生き物たちとのふれあいの場。生き物についての工夫をこらした展示やイベントが開催され、解説員による生き物の解説を気軽に聞くことができるコーナーもあります。

昔は天然の蛍が生息していたという足立区。都市化にともない、天然の環境で暮らすのが難しくなった現在でも自然について関心をもつきっかけとなるべく、足立区生物園では蛍の飼育を40年以上も続けています。

6月6日(木)~9日(日)の4日間限定で開催されるイベント「ホタルの夕べ」では、屋外の庭園にある昆虫ドーム内で500匹を超えるゲンジボタルを観賞することができます。

特設テントでは蛍の飼育方法や生態の解説を聞けるほか、珍しい南方の陸生ホタル、オオシママドボタルの幼虫の展示も見られるそう。

蛍について詳しく知ることのできるいい機会なので、生き物好きカップルは、ぜひ足を運んでみてくださいね。

足立区生物園「ホタルの夕べ」
開催場所:足立区生物園

足立区生物園
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ