無料の会員登録をすると
お気に入りができます

失敗しない食品冷凍の正解はアレを変えるだけでした!

ライフスタイル

ヒレ肉をフリーザーバッグに入れて10日間冷凍。冷蔵庫で自然解凍させ、料理のプロが色の変化をチェック。さらに、塩だけで味付けして、それぞれ同じフライパンで2分加熱し、プロが実際に試食して味の違いを比較しました!

また、コストパフォーマンス(コスパ)は、検証時にスーパーやホームセンターで購入した際の一枚あたりの単価で算出しています。通販サイトとの価格とは異なりますのでご了承ください。

それでは、ここからフリーザーバッグ13製品のランキングを発表します!

うす~い見た目とは裏腹にすごい実力のアイラップ

岩谷マテリアル
アイラップ マチ付き
実勢価格:200円/60枚
サイズ:縦350×250×マチ40×厚さ0.009mm

楽天市場で見る

1枚3円のアイラップが性能も使い勝手も圧倒的に優秀という結果に! 鮮度もおいしさもばっちりキープできる実力の高さにプロも驚きました!

ポリ袋タイプなので食材を選ばず、お財布にやさしい価格でバンバン使えるところも、超オススメな逸品です!

▼テスト結果

うす~い見た目とは裏腹にスゴイ実力! 10日間冷凍した後の肉もドリップがほとんど出ません!

絞り出して集めてもわずか数滴しかドリップが出ませんでした。

薄くてやわらかいマチ付きポリ袋なので、食材の形を選びません。やわらかくて空気が抜けやすく、安いので気にせずたくさん使えるのも便利です!

解凍してもお肉がくすんで変色していないから、繊維もはっきりわかるほと鮮やかな色をキープしていました。

焼くと肉汁がじゅわっとジューシーで、冷凍前との変化がみられなかったのには驚きです!

ひき肉だってこの通り。解凍した後も、買ったばかりのような美しさでした。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ