無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[豆乳よりもスゴイ?]「おからパウダー」がダイエットにおすすめな理由3つ

美容

「食物繊維が手軽に摂れる!」「やせる!」と言われ、最近話題の『おからパウダー(乾燥おから)』。体に良さそうということはわかっていても「どう使っていいの?」「どのくらい食べればいいの?」と悩むところではないでしょうか?そのお悩み、ズバリ管理栄養士が解決いたします!

「食物繊維が手軽に摂れる!」「やせる!」と言われ、最近話題の『おからパウダー(乾燥おから)』。体に良さそうということはわかっていても「どう使っていいの?」「どのくらい食べればいいの?」と悩むところではないでしょうか?そのお悩み、ズバリ管理栄養士が解決いたします!

「おからパウダー」がポッコリお腹解消に効果的な理由

3つの理由があるのです

「おからパウダー」はどうしてダイエットに効果的と言われるのでしょうか?
栄養面、調理面から3つの大きな理由が考えられます。

①食物繊維
②大豆パワー
③簡単便利

それでは、これら3つのキーワードを解説していきます!

①食物繊維

豊富に含まれています

食物繊維は人間の消化酵素では消化されにくい性質があるため、低カロリーです。腸内では善玉菌のえさとなり腸内環境を改善するほか、老廃物を運び出して体外に排出し便秘を防ぎます。このほかにもコレステロール値を下げる働き、糖尿病や高血圧など生活習慣病の予防、さらに肥満を予防する働きもあります。

どれくらい含まれているのか?

おからは、大豆をすりつぶして煮てから搾ったものです。煮大豆が濾されて、豆乳と生おからになります。そのおからを乾燥させたものがおからパウダーです。

そこで、カロリーと食物繊維を、1食分当たりの量で比べてみると…

【おからパウダー10g(大さじ3杯)】
カロリー:42kcal 食物繊維:4.4g
【豆乳100g】
カロリー:46kcal 食物繊維:0.2g

豆乳と比べると、およそ22倍!

「およそ22倍!」と言ってもなんだかピンときませんね。野菜で比較すると、おからパウダー1食分の食物繊維4.4gは、レタス丸1個分(約400g)や、ピーマン5個に匹敵する量になります。この分量を考えると、おからパウダー大さじ3杯分で、豊富な食物繊維が摂れることがわかりますね。

食物繊維は便秘予防や改善に効果的であるだけでなく、腹持ちが良くなり、満腹感が持続して食べ過ぎを防いでくれますよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ