無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[時短調理]便利が詰まった冷凍室の作り方!冷凍保存テクも紹介

インテリア

日々の生活に欠かせない冷凍室。アイスや冷凍食品を始め、お肉や野菜に至るまでさまざまな食材を入れているかと思います。皆さんは、そんな冷凍室を上手に使えていますか? いつ入れたかも分からない食材が奥から出

saitaPULS編集部

日々の料理が楽になるおすすめ冷凍保存テク!

【冷凍保存テク…野菜編】野菜は1種類ずつ“単品冷凍”

冷蔵庫でダメにしてしまいがちなピーマンやにんじんなどの野菜はカットして、1種類ごと密閉式保存袋に入れましょう。トマトも同様に、カットせず丸ごと冷凍します。「野菜は単品で冷凍しておくと、使いたいときに使えて便利ですね。野菜によっては野菜によっては冷凍でうまみが増すもの、調理の手間が省けるものもあります」(料理研究家・脇雅世さん)

【冷凍保存テク…肉編】「パックのまま」はやめて「味つけ冷凍」に!

買ったまま冷凍された肉は、調理の際、解凍→味つけと2段階の工程が必要に。ラクに使うことができないので、先延ばしされてたまっていくばかり。そこで、“味つけ冷凍”の出番です。

肉を買ってきたら、調味料と一緒に保存袋に入れて冷凍室にストック。そうすれば、解凍せずにそのままフライパンや鍋で温めることができるので使い勝手がよくなります。冷却効果が高まるよう、平らにしてステンレスのバットで収納するのがおすすめ。

【冷凍保存テク…余りおかず】一口大にラップして“おかず玉冷凍”

余ったおかずは一口大にして丸めて冷凍しましょう。その“おかず玉冷凍”を使えばお弁当に入れるおにぎりが簡単に作れます。アツアツのご飯で“おかず玉冷凍”をにぎると、ランチを食べるころには自然解凍でちょうど食べ頃のおかず入りおにぎりになるんです。

今回は前日の残ったハヤシライスのルウを、“おかず玉冷凍”にして保存。おにぎりはもちろん、ひとりランチやダンナさんのお弁当など、用途が広がりますよ!

野菜は1種類ずつ“単品冷凍”しておくことで料理のバリエーションが広がります。“味つけ冷凍”や“おかず玉冷凍”は、手のあいたときに作っておくと時間のない日の夕飯作りが楽ちん&スピーディーになりますよ。

おいしさのための「しまいワザ」

使いかけの冷凍食品も密閉式保存袋にイン。風味が落ちるのを防げて、未開封との区別もつく。

薬味や彩りに少量使いしたいカット野菜は、袋より瓶に入れればサッと出せて使いやすい!

密閉式保存袋や瓶を使って整理することで、冷凍室がごちゃごちゃになるのを防げます。密閉することでおいしさもキープ!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ