無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無印良品を超えた! これまでとは根本的に「淹れ方」が違う珈琲メーカーに感動です

“安くて良い”モノづくりに定評のあるツインバード工業が、2018年10月に“高くて良い”全自動コーヒーメーカーを発売しました。the360.life編集部でも、もちろん自腹購入。届いたその日から2ヶ月間、ほぼ毎日使用したレポートをお届けします。

西尾 崇彦/Test by 家電批評編集部

ライフスタイル

「プロのハンドドリップ」を再現するマシンなのです

2017年に無印良品が「豆から挽けるコーヒーメーカー」(発売当時の価格は税込み3万2000円)を発売して以来、3万円を超える高級コーヒーメーカー市場がにわかに活気づいています。

その「豆から挽けるコーヒーメーカー」の製造元であるツインバード工業から、今度はさらに高級なコーヒーメーカーCM-D457Bが発売されました。

後述しますが、「豆から挽けるコーヒーメーカー」は、3万円という価格にしては、完成度はいまひとつ、識者の評価も賛否両論でした。果たして、ツインバード工業的には第二弾となる「CM-D457」はどう進化したか? 2ヶ月間使用した結論をレポートします。

こちらその珈琲メーカーです。本体はマットな質感の黒、ダイヤルの文字は白で統一されており、控えめながらも存在感のあるデザインです。

ツインバード工業
全自動コーヒーメーカー
CM-D457B
実勢価格:3万5800円
サイズ:幅16.0×奥行き33.5×高さ36.0cm
重量:4.1kg
抽出量:1~3杯(定格容量450ml)

全自動コーヒーメーカーとしては比較的小型です。メニューダイヤルは前面に集約されており、

電源スイッチだけが側面についています。

水タンクは本体後方にあり、取り外しはできないタイプです。

豆または粉から淹れることができ、ミルだけを使うこともできます。豆の挽き具合は粗・中・細の3段階、抽出温度は83℃・90度の2段階、カップ数は1~3杯。

ミルは低速でじっくり挽く臼式を採用しており、挽くときの摩擦熱を抑えることで、コーヒー豆の風味を保ちやすいのが特長です。

本機最大の魅力! と言っても過言ではないのは「コーヒーができるまでの過程が見える」構造であること。

こうばしい香りを楽しみつつ、ドリッパーに豆が落ち、6つの穴からシャワードリップが注がれ、豆が膨らんで湯気がたちのぼる様子を間近で眺めることができます。

本機の監修は、日本が誇るコーヒーレジェンド、東京・南千住にある「カフェ・バッハ」店主の田口 護さん。豆量・粒度・水量・湯温・蒸らし時間など、コーヒーを淹れる各工程をプロの所作で再現できるよう、設計されているそう。

自宅に居ながら“喫茶店のコーヒー”を楽しめるマシンなのです。

余談ですが、「カフェ・バッハ」といえば、弊社のテスト誌のいっちばん最初の本ともいえる「家電批評monoqlo」創刊号で、チェーン店やファミレスのアイスコーヒー30店舗の批評をお手伝いいただいたご縁があります。

いやー懐かしいです。ちなみにこちらの評価は2007年当時のものです。お間違いなく笑

無印の人気コーヒーメーカーも同じツインバード社製です

無印良品の「豆から挽けるコーヒーメーカー」も、製造は同じツインバード工業です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ