無料の会員登録をすると
お気に入りができます

そのデニム、捨てないで!デニムリメイクのインテリアアイデア集♪

インテリア

お気に入りで穿いていたのに、穴が空いて穿けなくなってしまったジーンズや、ほつれてしまったシャツ・Gジャン、お子さんが成長して小さくなってしまったデニムなどは、捨てずにリメイクでお部屋のインテリアアイテムに変身させるのはいかがでしょうか?

今回は、おしゃれなインテリアを作るデニムを使ったリメイクアイデアをご紹介します!

クッションにリメイク

穿いているうちに味わい深い色合いになったデニムを捨ててしまうなんてもったい無い!

カットしてパッチワークにつなぎ合わせれば、他にはないオリジナルの色合いとデザインのクッションが完成。

ポケットもそのまま使うとアクセントになりますよ。

こちらは、デニムとレザーの端切れを使ったパッチワークのクッション。端切れは同じ大きさで統一することで、すっりまとまりのある印象になります。

デニムのブルーとレザーのライトブラウンの色合わせが絶妙♪

こちらも、デニムの切れ端をパッチワークでつなぎ合わせたクッション。

生地のほつれがアクセントとなり、クッションを味わい深い印象に。

タペストリーやウォールポケットにリメイク

流木を使ったタペストリーは、デニムと太めの毛糸をミックス。

ブラウンとブラックにデニムのブルーが加わり、女性のお部屋はもちろん男性のお部屋にもマッチする配色に。

長いフリンジが目を引くタペストリーは、デニムの腰周りの部分をそのまま使った個性的なデザイン。

ヴィンテージインテリアや男前インテリアにワイルドな印象を添えます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ