無料の会員登録をすると
お気に入りができます

《階段》を魅力的に取り入れるには?参考にしたいインテリア実例

インテリア

ホワイトでまとめて

Shirakaba  lab|Azusa on Instagram: “・ ミニステージから見た植物たち。  以前は、階段の下には、 もうひとつ植物がいましたが、 大きくなったので二階へ移動しています。  とはいえ、サンセベリアは縦にも横にも育ち続け、 ウンベラータは2メートルを越えているので、 植物たちの存在感は中々です。…”
instagram.com

こちらの階段は手摺もホワイトで統一し、オブジェのように仕上げて知的な印象を与えていますね。

空間に緩やかな繋がりを持たせられるスキップフロアに設置することで、全体をスタイルアップさせているのもポイントです。

落ち着く場所として

室内階段は蹴上の高さがお子さんが座るのに丁度良い場合は、チェア代わりに活用されることもよくあるとか。

座ることで目線が少し上がるので気分転換にもなり、自分だけのスペースとして楽しめる場所になりますね。

踊り場で遊べる

階段の踊りでも本を読めるよう、壁面に棚を設けて本棚として利用されている例です。

リビングからアクセスしやすい位置に本棚があると、子供も大人も便利に使えて楽しく過ごすことができますね。

ディスプレイ棚

イエコト。 on Instagram: “施工例 『石内北の家』 階段もオシャレにコーディネートします。  #トランスデザイン #イエコト。 #トランスワークス #広島の注文住宅#設計事務所 #工務店…”
instagram.com

こちらは階段下のスペースを活用して、ディスプレイ棚が造られている例です。

思い出の写真や旅先で手に入れたオブジェなど、おしゃれなディスプレイスペースとしても活躍しますね。

大容量の棚

こちらは階段横に2階まで続く棚を設置し、大容量の収納を実現しており、本や雑貨などの収納スペースとして活用されています。

階段を行き来しながら自由に棚のものを手に取ることができるのもメリットですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ