無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[料理科学研究家発]『低温調理法』で作る炒飯が絶品!誰でも失敗せず‶パラッパラ”に仕上がる!

レシピ

2019年6月4日放送されたTV番組『教えてもらう前と後』で「美味しいチャーハン」の作り方が紹介されました。強火で作ることの多い炒飯を、弱火で低温調理することで美味しいパラパラな炒飯ができるそう。

saitaPULS編集部

低温調理法とは?

『低温調理法』とは、料理科学研究家の水島弘史シェフが科学的な視点に基づいて提案された調理方法です。料理と言えば、強火にするイメージが強いですが、低温・弱火で調理した方が美味しくなるそう。

今回は、水島シェフが考案された『低温調理法』で作る炒飯を実際に作り、「ずっと強火」で作った炒飯と食べ比べしてみました!

『低温調理法』で炒飯を作ってみました

【材料】1人前
・ご飯(炊いたもの)100g
・サラダ油 小さじ2
・卵 1個
・長ネギ 15g
・ハム 30g
・塩 1.4g
・こしょう ペッパーミル2回転
・ごま油 2g

【下準備】
長ネギはみじん切り、ハムは短冊切り、卵は溶いておきます。

①ボウルで受けたザルにごはんを入れ、大さじ3杯の水で粘りを洗い取ります。

②ザルに入ったご飯に小さじ2杯のサラダ油を加え、ほぐしたご飯をコーティングします。

【ポイント】
ご飯を水で洗い、油でコーティングすることで炒飯がパラパラになります。

③火にかけていないフライパンに油と溶き卵を入れ、ゴムベラを使って混ぜながら弱火で2分間加熱します。

④卵が半熟状態になったら②のご飯を入れ、フライパンを振らずにゴムベラで切るように混ぜます。

⑤ご飯と卵が絡んだら、フライパンの真ん中をあけ、ネギを入れて炒めます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ